本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
禁盗作コピペ病
禁盗作コピペ病―インターネット時代の哀しき現代病禁盗作コピペ病―インターネット時代の哀しき現代病
(2008/09)
コピー&ペースト研究会

商品詳細を見る
パソコン、ネットの発達によって安易になった「コピペ」問題事例を、活字・映像・音楽各種ジャンルごとに紹介。値段お手軽コンビニ本だが、近年の事例がたくさん収録されていて、各事例の詳しい解説はネットに検証サイトが溢れているから、道先案内本として便利。

便利になったために、軽はずみにヤッてしまう傾向がますます強まるのだろうが、その便利さのために、発見も世間に広まるのもまた簡単になってしまうという構造が面白い。

商業作品でやってしまうと問題は大きくなるが、たとえば学生のレポートや論文などの公にならないコピペはもう無数にあるのだろうな。

数年前に一瞬盛り上がったのをリアルタイムで見たのを思い出した。関西某大学のサイトに、生徒の作品(短篇小説)が掲載されていたのだが、それが山岸凉子の短篇マンガ「夜叉御前」をまるまる文字におこしたものだった。登場人物のセリフはもちろん、タイトルまでまったく同じ。なのでタイトルでGoogle検索するとその小説のページがトップにあがってしまい、たまたま2ちゃんねるの山岸凉子スレでその作品が話題に上がったときにバレた。直後、大学側に連絡がいったらしく、あっという間にサイトから小説が消されたのであった。

盗作文芸小説で大学の単位を取得!

↑こんなのが残ってた。

夜叉御前―自選作品集 (文春文庫―ビジュアル版)夜叉御前―自選作品集 (文春文庫―ビジュアル版)
(1994/03)
山岸 凉子

商品詳細を見る


★★★
今週は西へも東へも行かず、市内をウロチョロしただけの週だった。買い物に疲れたし、ガソリン代も高いし。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.