本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
やせれば美人
やせれば美人 (新潮文庫 た 86-2)やせれば美人 (新潮文庫 た 86-2)
(2008/08/28)
高橋 秀実

商品詳細を見る
「センチメンタル・ダイエット」改題文庫化。文庫のタイトルのほうがよりキャッチーでいいかも。タイトルの力で再読。

小泉今日子似だった著者の妻は、結婚後、あれよあれよと30kg増。158cm・80kg超えの堂々たる肉体に変貌。妻のダイエットへの協力を兼ねて、何人かのダイエッターたちに取材した内容。ダイエットの哲学というような境地へと誘われる。

「やせたい」「やせれば美人」が口癖の妻は、色々なダイエット方をきいても、あれは嫌、これはできない、楽してヤセたい。ま、こういう人だから太ってゆくのだろうな…と思ってしまう。最初に読んだときと同じでつくづく思うけど、ここまで書かれたこの本、「妻」はどう思っているのだろう?

文庫化にあたって、現在の状況が書かれているかと期待していたが、無かった。がっかり。

★★★
運動のために、裏山を登りはじめて一年近く経った。ほとんど欠かさず日課になっている。間伐されてさっぱりしていた山道は、草と笹竹がボーボー。来年になれば、もっと凄いことになってしまうのだろうか。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.