FC2ブログ
本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
プリニウス 9巻(ヤマザキマリ とり・みき)


名無しだった子ども(明らかに作者ヤマザキマリを投影している少女)が故郷の母親のもとへ戻り、薄幸の娼婦プラウティナはプリニウスの留守宅で平穏な生活を得て…。皇帝ネロの界隈は悪化する一方なれど、ひとときの安寧の場面もある第9巻。

新刊が出たので全巻読み返す。
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.