FC2ブログ
本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
あれよ星屑(山田参助)7巻


「焼け跡ブロマンス」最終巻。川島の最期はこれしかなかったのか…。

大陸で死んだ川島の部下たちは、被害者であると同時に加害者。虐殺・強姦の限りを尽くした挙句、悲惨な死にざまを晒す。恰好よくも無く劇的でも無く、あっけなく無様な死体になり果てる。それを戦争だったんだから仕方がない、などど「無かったこと」にはできない川島。こういう幕引きをはかるしか出来ない川島。

残された女たち(いい女ぞろい!)にしてみれば、おいこらー!なんでしょうが。

余韻のある重厚な作品だった。
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.