本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
ヒストリエ(10)(岩明均)

やっと続刊が出た。去年のおわりごろから「発売予定→延期」を繰り返していて、その間に9巻までの読み返しを繰り返し、ついでに「王妃オリュンピアス」(これも何回読んでも面白い!)も読み返して待っていた。

戦場のゴア描写多数…
王のアレクサンドロス王子に対する評価、そして新しい王妃を娶る、…後の悲劇への始まり。…エウリュディケ逃げてー!エウメネスと逃げてー!と言いたくなる。

アレクサンドロス大王の父の墳墓を特定か

「死亡時に18才くらいだったと推定される若い女性」

歴史は確定しているんだけどね。
それにしても刊行ペース遅すぎ。作者と読者の寿命比べ。
ゴールデンカムイ 10 (野田サトル)


鶴見中尉の部隊には狂った変態しか入隊できないんですか…の巻。あいかわらず「わかるヒトだけわかればいい」ネタなのか何だかわからないけど、二階堂に素敵な足がプレゼントされるくだり、「誰?このひと」「誰なの?怖いよおッ!」…って本当に怖いわ!これも何か元ネタあるの?

ミリオタには説明不要の有坂成章と、オカルト好きなら説(略)の御船千鶴子も登場。

スナイパー尾形が普通に格好いいです、はい。
大奥 14 (よしながふみ)


男の篤姫ってどーなんの、という期待たがわず、絶好調の14巻目。
忠臣・阿部正弘の涙の退場。正弘が自分の死に与えた「物語」と、ツンデレ女将軍・家定と正室・篤姫こと篤胤の短い幸せな夫婦生活が救いとなる巻だった…。

今巻で徳川将軍となる残りあと二人が登場済み。あとは「男の和宮」か…。次巻で家定は死ぬだろうし、いよいよ怒涛の幕末へ。あー一年後が楽しみ…。
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.