本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
読書で賢く生きる。(中川 淳一郎、漆原 直行、山本一郎)
読書で賢く生きる。 (ベスト新書)読書で賢く生きる。 (ベスト新書)
(2015/04/09)
中川 淳一郎、漆原 直行 他

商品詳細を見る
昭和47・48年生まれのお三方によるビジネス書・自己啓発書、そして読書全般についてあーだこーだと述べる内容。この三人がどういう人なのか知らなくてもフツーに面白く読めるだろう。

現在あふれるように出版されているビジネス書にあれこれ手を出すより、その元ネタとなった古典的な書をいくつか、それと松下幸之助の本を読んどけば十分、とか。

紙の出版物を読む人が減っているというのなら、あえて書籍・新聞・雑誌を読んだほうが「知の差別化」がはかれるんじゃないの?とか。

ヒット作の著者の出自・思惑、本の出版の背景まで読み取るとか。

わかりやすくかみくだいた古典的な「読書のススメ」的な記述もあれば、ニヤニヤしてしまうぶっちゃけ描写もあり。想像だけど、「真面目に読書をする」タイプの人が読めば、新しい視野が開けるのではないだろうか。

★★★
小学生の時にふと先生に「おすすめの本は?」と質問したことがあって「ビルマの竪琴」を薦められたことがあった。
…今にいたるも読んでないけど。

数年前に出身高校のことで聞いた話。教師がラノベやポエム本だらけの図書室(少しでも生徒をひきつけようとそういう蔵書になった)に怒って、「もっといい本を読まないのか、たとえばアランの『幸福論』とか」と言ったそうな。…ま、そりゃ名著ですよ、『幸福論』。しかしもうラノベすら読まないぢょしこうせいにそりゃハードル高すぎ。

読んでません。『幸福論』。
除湿乾燥機使った
待ちに待ったジトジト雨降り。タンクに水がたまるのを見て喜ぶ。もっと早く買えばよかった…。

室内で洗濯物が乾く幸せに包まれながら昼寝をしたら、のどがちょっとカサカサになった。
除湿乾燥機
部屋干しすると湿気が気になっていたが、気になりつつも10数年そのまま。本棚は当然、前後二段に詰めているもんだから、奥の列の本が湿気で劣化がひどい。洋服タンスの一番下の段の衣類も湿気がこもっている。

いまさら遅いが除湿機の購入をやっと決意。購入前の下調べで疲れ果てた。新しいモノを買う知力・体力が年々衰えている。

家電量販店もチェックしたのち、通販で買った。

無事届いたが、本日快晴で、天気予報によると出番は明後日になる予定。あー、早く使いたい。
役員終わり
監査も引き継ぎ会も無事おわり、過去のファイルを参照しまくって作成した帳簿類ともお別れ。今月末の会合での決算発表でしめくくり。あとは去年の自分たちがそうだったように、引き継いだ次の人から質問が来るだろうからその応対。無事つとめ終えて安堵。
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.