本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
乙嫁語り 7巻(森薫)
乙嫁語り 7巻 (ビームコミックス)乙嫁語り 7巻 (ビームコミックス)
(2015/02/14)
森薫

商品詳細を見る
殺伐としてた前巻とうってかわってのんびりした内容。というか百合。表紙の乙嫁が細身すぎて本当にこのマンガの登場人物かと疑ったぐらいだが、彼女以外は脂ののった女衆がどっさり登場し、入浴シーンがえんえんと続く女体盛りの百合だった。いや、ストーリーは清純なんだけど…。

ひとことで言えば百合がかった御伽噺。カタいこと言わずに、めでたしめでたし、と楽しむ…(しかない)。
次巻のパリヤ篇に激しく期待。

発売前は楽天ブックスでなぜか表示されず、予約注文ができなかったのでAmazonで予約。本日着。
プリニウス2巻(ヤマザキマリ とり・みき)
プリニウス 2 (バンチコミックス45プレミアム)プリニウス 2 (バンチコミックス45プレミアム)
(2015/02/09)
ヤマザキマリ とり・みき

商品詳細を見る
これも新刊即買いリストだった。

今巻の舞台は帝政ローマの首都。大都会。描き込みがもうハンパじゃない密度。プロの二人が本人だけで描いている濃密画面。登場人物たちも今後の展開が楽しみな濃ゆさ。「テルマエ・ロマエ」の時はギャグ描写を(編集サイドから)強要されて辛かった…とヤマザキマリが書いていたが、今回はそんなことにならないように思い切り描いてほしい。

★★★
2月は冬物の売り尽くしセールなので、来年用のを買い込む。
ヒストリエ1~8巻(岩明 均)
ヒストリエ(8) (アフタヌーンKC)ヒストリエ(8) (アフタヌーンKC)
(2013/08/23)
岩明 均

商品詳細を見る
とうとう買っちゃった。最初の伏線が後の巻で立ち上がってくるスケール感がすごい。期待にたがわぬ面白さだった…けど、8巻の時点でストーリー進行がここまでかぁ。主人公エウメネスはアレクサンドロス大王の死後も名を残す人物なのに、8巻ではまだアレクサンドロスの父王フィリッポス2世に仕え始めたばかり。完結まであと何年かかるのか。もう作者と読者の寿命比べ…。

復習として、「王妃オリュンピアス」を再読。「ヒストリエ」のおかげで固有名詞に視覚的イメージが与えられたので、さらに読みやすくなった。
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.