本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
江戸しぐさの正体 教育をむしばむ偽りの伝統(原田 実)
江戸しぐさの正体 教育をむしばむ偽りの伝統 (星海社新書)江戸しぐさの正体 教育をむしばむ偽りの伝統 (星海社新書)
(2014/08/26)
原田 実

商品詳細を見る
「江戸しぐさ」と称する偽史がどのように生まれたのか、拡散されていったのかを丁寧に解説した書。

そんなものがここまで広まっていたとはネットで読むまで知らなかった。かつての「水からの伝言」や「EM菌」のように、教育現場でいつのまにか浸透し始めているらしい。

「1980年代」に、とある個人が生み出したネーミングが、まるで江戸期に実在したかのような概念として広まってゆく…。かなりゾッとする話だ。近世歴史家や近世文学史の専門家が阿呆らしい話と無視し続ける間に、義務教育期にそれを知った世代が大勢大人になってゆく。世の中の大多数がそうなっていけば…本当の歴史になってしまうかもしれない。

「江戸時代の江戸しぐさ資料が現存しないのは、維新政府に徹底的に弾圧され、消滅したため。江戸しぐさは弾圧を逃れた人々が口頭で伝承してきた」という主張。ちょっと歴史を知っていればアホか、ということも、いったん信じてしまった人はかんたんに騙されてしまう。

この本を読みなから、今は亡き杉浦日向子のことがしきりに思い出された。

杉浦日向子ファンが「江戸しぐさ」を礼賛する事のやるせなさ

↑ にあるように、彼女が病に倒れた時期と、江戸しぐさが広まり始めた時期が重なっているような…。
在野で活躍していた彼女が健在なら、ここまでこの江戸しぐさブームは浸透しなかったかもしれない。

モラルやマナーを提起するのに歴史を捏造するのは、気持ち悪い。
根拠の無い「昔は良かった」的な「現実逃避」でしかない。

★★★
ギックリ腰養生を兼ねて、本日届いたこの本を横になって読む。昨日よりちょっと痛みがマシになったかな。
BBQが終わったと思ったら
自治会の一大イベント、バーベキュー大会が終わった。お気楽な要望と予算とのせめぎあいに苦慮しながらの大量の酒・ジュース、肉などの買い物。肉が足りなくなるような事態を避けるため(去年は途中で無くなったため追加を買いに行かされたと前任者から聞いてビビッていた)、焼きそばを多めに買い、焼くタイミングも調整しながらの進行。

予算もさほど超過せず、なんとか酒も肉も行き渡った感じで無事終了…。

はー、やれやれと日常の仕事に戻るも、予想通り頭痛勃発。

おまけに久しぶりにギックリ腰になってしまった。一日目は夜寝たらなぜか治ってしまって拍子抜けしたが、その翌日また、なんということのない動作でパキッときてへたりこんでしまった。クセになってしまったのかと思うと憂鬱。

これから注文した本が次々届くはずなので、それを楽しみに生きることにする。

次月は運動会の慰労会で、また大量の買出しだーーー!
修道士ファルコ 4(青池保子)
修道士ファルコ 4 (プリンセスコミックス)修道士ファルコ 4 (プリンセスコミックス)
(2014/08/16)
青池 保子

商品詳細を見る
書影がいつアップされるのかな。

予約していて本日到着。中世の「元騎士」修道士ファルコの連作最新刊。作品量は少ないけど、息の長いシリーズ。
今巻のエピソードはこれで完結じゃないのか…。副院長やら、尼寺の院長様やら、中高年キャラクターの魅力全開。

帯にあるけど作者は「漫画家生活50周年」。十代でデビューしているから60代なかば過ぎ?かな。こっちも30年以上読者でい続けたわけだ。いつまでも変わらない緻密で元気な作風が嬉しい。

★★★
夏から秋にかけて自治会のイベント目白押し。大量の買い物がいるイベントの「お買い物リスト」を作成したりしている。
この世界の片隅に(こうの 史代)
この世界の片隅に 下 (アクションコミックス)この世界の片隅に 下 (アクションコミックス)
(2009/04/28)
こうの 史代

商品詳細を見る
この季節になると読み返すコミック。

太平洋戦争まっさかりの時代、19歳で広島市から呉市へ嫁いだヒロイン・しず。結婚を申し込まれて初めて顔を見た夫(幼い時に会ってはいるが)、夫の両親、娘を連れて出戻ってきた夫の姉、疎開してきた親戚夫婦の大所帯。嫁いだその日からおさんどんを当たり前にこなす。隣組とのつきあい、日々窮乏していく日常物資。「戦争中の暮らしの記録」的な日々のあれこれが、ドジっ娘な新米主婦の日常としてのんびりと描かれる。

ただ読むほうは知っている。戦争末期、彼女のいる呉市は、軍港目的の激しい空襲に晒されること。実家の広島市に原爆が落とされること。ほんわかとユーモラスに描かれるその先のことを時限爆弾のように予感しながら読む。

いとおしい日常の営み、それが無残に破壊されてしまう悲惨さ、それを乗り越える暖かさ・明るさ。戦時下を舞台とした作品は数あれど、独特の表現力、人物たちの魅力、巧妙に張り巡らされた“仕掛け”が素晴らしく、何度も何度も読み返してしまう。

“仕掛け”は一読しただけではわからないくらい巧い。丁寧に解説したブログを読まなければなかなか気づけなかった。

初刊は上中下の三巻で、現在は二分冊で発行されている。自分が持っているのは三冊のほうで、この下巻の表紙絵も内容を知っていると衝撃を受ける。ヒロインがこの巻で永遠に失ってしまう右手が、カバーの見返しに隠れてしまっている。

暮しの手帖社「戦争中の暮しの記録」も欲しくなったなぁ…。
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.