本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
背信の科学者たち(再版)
背信の科学者たち 論文捏造はなぜ繰り返されるのか?背信の科学者たち 論文捏造はなぜ繰り返されるのか?
(2014/06/20)
ウイリアム・ブロード、ニコラス・ウェイド 他

商品詳細を見る
ブルーバックス版はいつの間にか品切れになっていてプレミア価格。しかし、このたびめでたく再出版されるらしい。

背信の科学者たち(ブルーバックス版)

新版のほうは、近年の捏造問題にもふれているらしいので、また買おうかな…。
ベルばらネタのエステ広告
オスカルとアントワネットの美的生活2014 WEB限定オリジナルマンガ

エステ会社の広告マンガ…。
すんごいピッタリハマっているなぁ。続きが楽しみ。

★★★
昨夜は集金会。今日はさっそく払い込みしまくり。
聖☆おにいさん(10) (中村 光)
聖☆おにいさん(10) (モーニングKC)聖☆おにいさん(10) (モーニングKC)
(2014/05/23)
中村 光

商品詳細を見る
今日本屋に入荷したのを購入。

相変わらずネタがみっちり。

絵画教室の「ジョルジョ君」って誰だろう…と調べたらこの方でした。リンク先のブログによると、「美術大学の入学試験問題としては、メジャー中のメジャー」なお方なんですね。知らなかった。

★★★
取引先の一つが来年閉鎖決定。ここ数ヶ月、そこからの仕事が右肩上がりにバンバン来ていたので唖然。

原因の一つが経理の横領だそうで。そこは現場の教育がきっちりしていて、取引先であるウチにまで作業環境のチェックが定期的に来るほどのところだったのに、財務管理のほうは全然なってなかったのね…。

何年も異動が無く、一人で全てをやっていてチェックされることもない経理担当は高確率で 横 領 し て い る と思ったほうがいいよ、ホント。
頭の悪い日本語(小谷野 敦)
頭の悪い日本語 (新潮新書)頭の悪い日本語 (新潮新書)
(2014/04/17)
小谷野 敦

商品詳細を見る
わからない言葉、間違って覚えていた言葉がけっこうあった。著者の豊富な知識がタメになりかつ面白い。いっぺんに読むのがもったいないので、寝る前に少しずつ何日もかけて読んだ。

著者のブログに掲載されなかったあとがきと正誤表がある。
衣もろもろ(群ようこ)
衣もろもろ衣もろもろ
(2012/10/26)
群 ようこ

商品詳細を見る
お洋服エッセイ。「昭和の洋服常識」もいろいろ書かれていて、自分も覚えていなかったりするようなことがたくさんあった。

(大事なお出かけ着の)洋服を雨に濡らすまいと、レインコートは必須アイテムだった、なんて現代ではすっかり忘れられているような…。このことを姑に話すと、「そうだよ、みんなレインコートを着ていたよ」と言われた。そうだったんだー。カジュアル、フォーマルの世代間格差とかも面白い。

それと、最近の服はやたらと脇汗対策をうたっていて、「そんなに汗をかくぐらいの暑さなら、脇だけじゃなくて全身汗だらだらだけどなぁ」と不思議に思っていたが、「脇の永久脱毛」普及のせいらしい。永久脱毛すると真冬でも暖房で脇から汗が大量に出る人がいるそうな。知らんかったー。

著者はひとまわり年上で、昭和過去話だけではなく、これから自分が辿るであろう老化やその対策が非常に参考になる。年齢や体型の変化により似合う服・着心地のいい服も変化し続ける。そのときどきで失敗しながら服を着続けていかなきゃいけないんだなぁ、と。

★★★
高価な服でもいい素材で長持ちするかというとそんなこともなく、結局は着続けてみないとわからない。体型と流行の変化で着られなくなってしまう服も次々と。

タンスの中を整理。昔に気に入って着倒していた服を久しぶりに着てみて、そのダメさ加減にギョッとする。こ、こんなものを後生大事にしまっていたのか…。
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.