本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
アンネの日記 (増補新訂版)
アンネの日記 (文春文庫)アンネの日記 (文春文庫)
(2003/04)
アンネ フランク

商品詳細を見る
Amazonの書評で「アンネの日記は偽書」を信じているドヤ顔レビューがたくさん掲載されていたときがあって(現在はほとんど削除されている)、さらにちょいとブログ検索すると、偽書説を信じているところがたくさんヒットしてしまうので、かなり不安な気持ちになってきた。「アポロは月に行かなかった」だの「アンネの日記はニセモノ、ホロコーストも嘘」というのを本気で信じている人がどんどん増えていっているのだろうか。

日記偽書説をうたう電波サイトの有名どころ(多分)↓
アンネ・フランクは、アンネの日記を書かなかった。

どうみても中二病的な陰謀論大好きな人向けのサイトです。本当にありがとうございました。

もちろんこの手の主張は、全て詳細な証拠とともに公式に否定されている。

このページで一番気になったのは、偽書説を否定するウィキペディアの記述を非難して、「ネット上で類似の情報を探しても何も引っ掛かってきません。」と反論する一文。「自分がパソコンで検索しても類似の情報が見つけられなかった、イコール、その情報はウソ」ってことかいな。

「個々人は自分の理解できる情報(つまりレベルの低い情報)だけに手を出し、簡単に充足してしまう。」という現象のひとつの例かと。

ところで、現在発行されているのは、1998年に発見された箇所を追加した増補新訂版。この版で追加された箇所のみならず、娘の日記を管理していた父オットーの死後初めて公表された箇所があるのはよく知られているが、まーそりゃ、父として全世界に読まれるのはしのびないだろうねぇ…。性の描写しかり、親である自分たち夫婦を冷徹に観察されている描写しかり。

未読ページ目当てで入手したが、昔の文春文庫の皆藤幸蔵の訳に慣れ親しんできたので、深町真理子訳の少女っぽさを強調した軽い文体に馴染めない…。繰り返し読んでいたのはロウティーンの頃なので、その当時の自分にとってアンネは「年上のお姉さん」だった。

★★★
ソチオリンピック、大好きなロシア!バレエ!なので、開会式も閉会式もしっかり観ることができて満足。
親の家を片づける―ある日突然、膨大な老親の荷物や家の整理と処分が、あなたの身に降りかかってきたら、どうしますか?
親の家を片づける―ある日突然、膨大な老親の荷物や家の整理と処分が、あなたの身に降りかかってきたら、どうしますか? (ゆうゆう特別編集)親の家を片づける―ある日突然、膨大な老親の荷物や家の整理と処分が、あなたの身に降りかかってきたら、どうしますか? (ゆうゆう特別編集)
(2013/05/31)
主婦の友社

商品詳細を見る
50代向け雑誌「ゆうゆう」で何度かこの手の特集が組まれていたが、それをベースにまとめたもの。今日、この本の存在を知り、本屋へダッシュして購入。だもんで、まだ読んでないけど、先にAmazonのレビュー読んだだけで何度か泣けてきた。

自分の実両親は、どちらも死後すぐ住まいを出なければいけない官舎や賃貸だったので、片づける時間が非常に限られていた。そのせいもあって、ひきとって「とりあえず」物置に積み上げたアレコレはわずかしか処分できていない。使いきれる実用品がかなりあるのだけど…。

最近またタンスがパンパンになってしまった自分への戒めとしても読まなくては。
死刑執行人サンソン ―国王ルイ十六世の首を刎ねた男(安達正勝)
死刑執行人サンソン ―国王ルイ十六世の首を刎ねた男 (集英社新書)死刑執行人サンソン ―国王ルイ十六世の首を刎ねた男 (集英社新書)
(2003/12/17)
安達 正勝

商品詳細を見る
表紙絵がお耽美で気になっていたコミック「イノサン」。ずっと未読だったこの本が原作(原案?)と知り、コミック読む前にと、やっとこさ読んだ。

フランス絶対王政期から革命期までパリの死刑執行人「ムッシュー・ド・パリ」を務めたサンソン家の4代目シャルル-アンリ・サンソンの半生(と、初代からその後のサンソンたちにも触れている)。

サンソン自身の回想録をもとに、代々続く死刑執行人の家系に生まれてしまった苦悩、過酷な職業への重圧と法を実行する義務感、サンソンや彼にかかわった人々の感情や思考が非常に生き生きと記されていて面白い。

革命の終着点に立憲君主制を望んでいたほど国王を敬愛していた彼が、その国王ルイ16世を手にかけなければならなくなってしまった悪夢の結末。ルイ16世との三度の出会い(三度目は処刑時)が印象深い。

同じく断頭台の露と消えたルイ15世の寵姫デュ・バリー夫人と過去の華やかな時代に付き合っていた、というエピソードもびっくり。

この4代目のみならず、代々のサンソン家の男たちの魅力的なこと。惚れた。

★★★
イノサン 1 (ヤングジャンプコミックス)イノサン 1 (ヤングジャンプコミックス)
(2013/06/19)
坂本 眞一

商品詳細を見る

コミックスはどうしようかなー…保留。

★★★
このまま春になるわけはない、みるみる積もる雪。極端に気温が上がったり下がったり、またいつのまにか真夏になるのだろうか。
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.