本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
FAXのデータ
中古コピー機、FAX兼用なんだが、以前のデータがそのまま残っていた。司法書士事務所が前の所有者。調べればどこにある事務所かすぐわかった。顧客のFAX番号リストもそのまんま。

リース流れか単に廃棄したのか経緯はわからないけど、何も考えずに業者にそのまんま渡したんだろうなぁ。
中古コピー機
古いコピー機が、いよいよ手差し用紙すら送らなくなってきたので、オークションで中古を落札。本日届く。

数十万で新品を買って二十年ぐらい?壊れるまで使ったわけだが…。
コレのこれからの保ち具合にもよるが、二万円足らずの中古品で現状は十分。
新卒で“給食のおばさん"になりました ~女の園は敵だらけ~(松山ルミ)
新卒で“給食のおばさん新卒で“給食のおばさん"になりました ~女の園は敵だらけ~
(2013/06/21)
松山ルミ

商品詳細を見る
病院給食の現場を描いたコミックエッセイ。女の園(キョーレツなオバさん軍団に従わざるをえない)で、真面目にめげずにがんばるのを、素直にそのまんま描いた感じ。自分の知らない世界の仕事の苦労やダンドリが新鮮で面白い。

しかしあとがきで、もう仕事を辞めているとあって、ちょっと待てー!と思った。本編のそのまとめかたでそれはないでしょう…。在職中だと身バレがコワイかもしれないが。

★★★
あっという間に読めてしまってコスパが非常に悪い(←本の内容に罪はないけどさ)コミックエッセイ、興味深い題材だとついつい手が出てしまう。ダルい真夏の読書向け。
おかゆネコ 1(吉田戦車)
おかゆネコ 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)おかゆネコ 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
(2013/02/28)
吉田 戦車

商品詳細を見る
突然両親の飼い猫を預かることになった八郎(30代独身)。そのネコ「ツブ」は「しゃべり病」という、人間と同等の知性をもち会話もできる奇病にかかったネコだった(←こまけぇことはいいんだよ!という単なるストーリー上都合のいい設定)。おかゆを作るのが得意なツブが毎回、ご主人様のためにいろいろ工夫をこらしておかゆをつくるる、という読みきり連作。

シュールでありながらほのぼの、という吉田戦車節。八郎のために毎回趣向をこらしたおかゆをつくるツブのいじらしさがイイ!他の脇役たちもやはりシュールかつ味わいがあってタマラン。

個人的には、

おかゆ=生米から作る塩味。
おじや=ご飯といろいろ投入OKで煮る。

という認識だったので、おかゆネコというよりおじやネコかなぁと思ったり。

ともあれ、とろり塩味のおかゆを梅干で食べたくなるマンガ。

★★★
今年は無害なシマヘビではなく、ヤマカガシがやたらと庭に出没する。今日もしとめて、頭を潰したやつをワンコにひょい、と投げてやったら、本能に火がついてしまって激しくぶんぶん振り回し。

…散らばったご遺体の回収が大変だった…。もうやらん。
8月4日
昨日は朝5時起きでJR駅まで送って行き、今日は今から9時半ぐらい着の最終便を迎えに空港へ。

単なる遊びでの送迎をいつもさせられるのでうんざりでございます。こちらからは以上です。
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.