本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
思ってたウツとちがう! 「新型ウツ」うちの夫場合(池田暁子)
思ってたウツとちがう! 「新型ウツ」うちの夫場合思ってたウツとちがう! 「新型ウツ」うちの夫場合
(2013/06/20)
池田暁子

商品詳細を見る
汚部屋本、整理本、貯金本がヒットし、新婚生活のコミックエッセイを出したと思ったら2年も経たないうちにコレが。

仕事をする気力は無くひきこもってネットとゲーム三昧なのに、旅行や遊びは元気いっぱい、妻の仕事の評判を2ちゃんねるでチェックしてネチネチ責め立て、プロデューサー気取り。ダンナさんの「うつ」が(「ツレがうつになりまして」のような)思ってたウツと違う…という著者の戸惑いと怒りと不安をセキララに描いた内容。

一応ダンナさんの許可を得て描いた作品とはいえ(読むことは禁じられているそうでまだ読んでいないらしい)、これは本人が読んだら、うつでなくてもすごいダメージをくらうだろうなぁ。実際Amazonレビューを読むとそういう病気の人の怒りの感想が載っている。

ただ、そういう「都合のいいウツ」の世話をしなくてはいけない家族の“ありのままの気持ち”を書いた本があったっていいじゃん、と思った。病気の人の気持ちをわかってよ、というのなら、その病人に振り回される人の気持ちもわかってよ、ということで。病人本人がそういう本を無理に読まなくてもいいけどさ。

しかし…。前作の新婚本からすでにこのダンナさんはどこがいいのかさっぱりわからない人物だったので(抑うつ状態というが、もともとの性格が増長されているだけのような…)、この本が出たとき「ああ、やっぱりね」と思った。夫婦のことだから本人同士よければそれでいいんだけど、意地悪な他人としては、次作は離婚本かと予測したりする。

巻末の参考文献がびっしり。勉強したんだなぁ。本編にも登場する編集者二人の有能さが眩しい。
7月21日
新車購入の契約。まだ発売されていない車なので、納車は2~3カ月先。前回、前々回は会社購入の中古車だったとはいえ、3年連続で車を買っている。今度は自家用車。ハイブリッド。

来月ぐらいにローンの手続きしなきゃ、トホホ。
7月19日
ベテランパートさんの退職日。送別会と、併せて今春入社した人の歓迎会。予約したオサレなお店で歓談。

今夜は風が涼しくて、冷たい飲み物をだらだら飲んでいたら、胃が痛くなった…。
社会保険調査日
通常は郵送で済む毎年の算定基礎届ほか、タイムカード、賃金台帳、労働者名簿、雇用契約書、就業規則などなどどっさり持参で朝イチに社会保険事務所へ行く。

呼び出しのお知らせが来てから一ヶ月余、ずっと不安だった。が、調査は届出書類をチェックし、間違いや矛盾点が無く、社会保険加入条件もこっちがちゃんと把握しているということであっさり終了。不備があった場合に限って、その他の持参資料を参照するとのこと。な~んだ。拍子抜け。

思えば、「社会保険 調査」の検索結果だと、社労士が書いたサイトが多いのよね…。まぁ半ば脅しているような描写だったわけだ。

風邪もすっかり治ってしまった。

昼イチで美容院へ行き、さらにぶっちょんちょんに短くカット。毎年夏は伸ばしてひとつに結んでいたが、ことしはこまめにカットしまくることにした。
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
(2011/07/16)
林 綾野

商品詳細を見る
フェルメールの絵画に描かれた衣装や食べ物、家具調度品などから当時のオランダの豊かな暮らしを紹介、加えて17世紀の料理レシピを再現。「生活」という面から、掲載された作品のディテールをじっくり楽しめる美術エッセイ。衣装や装身具など同じ小道具が配されている作品が並べて掲載されていて(製作年度順ではなく)、そういうグッズに自然に注意がいくようになっている。

眺めていて、食欲がかきたてられる楽しい美術入門書。

★★★
先だって東京へ遊びに行ってきた夫は、その後10日以上風邪に苦しめられた。やっと治ってきたと思ったら今度はこっちが風邪だ!寝込むような風邪ではないが、微熱があるときに最高気温が34度。もーどーでもいいーという感じになる。

今夜はスパムと甘長ししとうの炒め物、そうめん。スパムは柔らかいので意外とじじばばに好評。
7月1日
今月〆でベテランパートさんが定年退職。一応離職票は用意するが、失業保険より年金のほうが明らかに額が高く、失業保険は同時にもらうことができないらしい(そりゃそうだわな…両方もらえるなんで都合のいい話はないわな)。

おかげといってはナンだが、これからも不定期にバイトをしてもらうことができる…かな?
そうなると離職票を発行する意味が無いことになるが、彼女は今まで一度も職安に行ったことがなく、一度行ってみたい、と言われたので。

自分は数ヶ月前、求人出すために行っただけで疲れたけどね。
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.