本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
臆病者のための裁判入門(橘 玲)
臆病者のための裁判入門 (文春新書)臆病者のための裁判入門 (文春新書)
(2012/10/19)
橘 玲

商品詳細を見る
小額民事裁判に原告の代理人として関わった体験を中心に書かれた本。著者の普段のテーマとは違う内容だが、どの立場の人間がどういう利害やルールによってどういう言動をするか、というのが的確に説かれていて、読みやすく面白い。

日本在住の外国人が交通事故にあった(物損のみ・過失2割)。→損保会社の担当者が(おそらく相手が外国人だとあなどって)勝手に「自損自弁」手続きをし、本人には「相手側が保険会社相手にゴネている」という言い訳でのらりくらりと逃げ続ける。→著者が代理人として相手側の保険会社に問い合わせ、嘘がバレる。→損保会社は非を認め保険金(12万円)を払う、というが、何ヶ月も誤魔化され続けたことへの補償は無いのか。→損保会社はそういう補償を金銭で解決する方法は絶対に取れないので、交渉は打ち切られる。→民事調停→簡易裁判→地裁→高裁。→事故から3年もたってようやくすっきりしないながらも一応勝訴(?)で終結。

こんなメンドくさいことできるかぁ!という気になるが、普通の社会人が「小額の民事紛争」になんらかの立場で関わる確率はかなり高いこと、そういう報酬がのぞめない紛争に弁護士は係わり合いになりたがらないこと(というかはっきり拒否)、福島原発事故の損害賠償請求が今後さらに泥沼化し法曹のリソースが圧迫されることが語られ、損害補償会社に交渉を打ち切られたとき、「本人訴訟」か「泣き寝入り」しかない現状では、こういう体験書が必要ではないか、と著者。メンドくさくてもそれが現実なんですね…。
大奥 8(よしながふみ)
大奥 8 (ジェッツコミックス)大奥 8 (ジェッツコミックス)
(2012/09/28)
よしながふみ

商品詳細を見る
男女逆転時代劇8巻目。

とうとう吉宗の時代が終了。久通との最後の会話などで伏線が回収してあり、ひとつの時代の区切りをつけた感がある。

途中、よしなが節全開のお料理シーンが食欲をそそった。鰻の蒲焼食べたい…。

近年人物像が見直されている田沼意次(♀)の台頭、平賀源内(♀)の登場、男女逆転となった原因の病「赤面疱瘡」治療への新たな展開、というところで続く。今後の展開・結末が楽しみ。

★★★
車屋から送ってもらった領収書のコピーを銀行に郵送。お金は無事振り込まれ、融資に関するあれこれは終了。あとは返済するだけー。
10月11日
やっと銀行から融資の申込みができるとの連絡を受け、書類を受け取りに峠を越える。

午後はその何枚もある書類に署名・捺印・必要事項記入…を繰り返し、あっという間に過ぎる。
古い軽トラ
近所の親戚に譲ることになった。

車の譲渡は、署名・実印・印鑑証明…など準備して運輸局へ行って…と面倒くさいが、これまた近所のもと自動車会社勤務の人が代行してくれるらしい。

こちらとしては、会社の経理と任意保険解約のために譲渡証明書をもらえればよい。

ボロい軽トラだけど、肥料(鶏糞は特に臭いらしい)など汚れたりするものの運搬に惜しげもなく使える。そういう需要も結構あるらしい。
10月4日
今朝、義父が、「夕べから今まで体験したことのない頭痛が続いている」と言う。

た、大変でござる、そりゃすぐCTだ~!と、かかりつけ医者にすぐ行ってもらい、紹介状をもらい、その足で総合病院へ。

家で待っていたが、昼を過ぎても戻らない。電話をすると、CTは終わったが他の急患が入ったため、検査後の診察がまだとのこと。義父一人で医者の説明を受けるのはこちらも不安なので、自分が行く。受付に問い合わせると、今診察室に入ったところ、というちょうど良いタイミングだった。

結果は…肩こりによる頭痛、だった。肩こりを感じない人は、気付かないので、どんどん悪化させて頭のほうまで凝ってしまうとのこと。いや~肩こりってコワイですね~。…安心して脱力。

湿布を処方されて帰宅。

軽トラ納車
昨日でもよかったんだけど、今日は大安なので。

今までの軽トラはいつも車検を頼んでいる整備会社に処分をお願いしている。引き取り先が決まるまで、うちの前庭に野ざらし。
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.