本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
サイコパスを探せ! (ジョン・ロンソン)
サイコパスを探せ! : 「狂気」をめぐる冒険サイコパスを探せ! : 「狂気」をめぐる冒険
(2012/06/08)
ジョン・ロンソン

商品詳細を見る
世界中の学者たちに届けられた一冊の奇妙な本。謎めいたその本を送りつけた犯人探しを依頼された著者は、“狂気”が社会に与える影響にとり憑かれていく。ロバート・ヘアの「サイコパス・チェックリスト」をマスターし、ハイチ「死の部隊」の創設者〈トト〉・コンスタンや、冷酷にリストラを敢行することで有名なCEOアル・ダンラップに会いにいく。はたして彼らはサイコパスなのか?

邦訳副題の「狂気」をめぐる冒険、というのがぴったりくる内容。サイコパスが疑われる人物のほかに、治療を試みた医師(当初は成功したかに思われたが、その後大失敗だと判明)、サイエントロジー信者(精神医学を敵視している)、ロンドン地下鉄爆破テロの生存者(爆破テロはイギリス政府の陰謀だという陰謀論者たちに苦しめられた)、視聴者参加型テレビ番組のプロデューサー(出演させる“ほどほどに狂っている人”をチョイスするコツを知っている)、警察にプロファイラーとして重用された心理学者(大ハズレをしでかして無実の人を罪に陥れた)…など、さまざまな立場で狂気にかかわった人々が取材対象として登場する。

そして、著者自身も自らの神経症、さらにはサイコパス要素があるのかを心配しながらの取材。後半になると、読者も、狂気に対する自分たちの態度を問われていく。

ユーモアのある文体で軽く読めてしまった。テーマは重いのだけれど。
ケサラン・パサラン 1巻(山岸凉子)
ケサラン・パサラン (1巻) (MFコミックス ダ・ヴィンチシリーズ)ケサラン・パサラン (1巻) (MFコミックス ダ・ヴィンチシリーズ)
(2012/07/23)
山岸凉子

商品詳細を見る
もう山岸マンガのためにだけ「ダ・ヴィンチ」を買う気は無いので、待望のコミックス化。今年中に2巻が刊行されて終わるとのこと。

五十路近い独身女性イラストレーターが土地を買い家を建てるという、作者や同業のご友人たちの体験がミックスされたかのようなお話。国有物件、不動産業界、占い業界の話が色々出てきて、1巻目ではまだ家が建つ気配もない。家を建てるって本当に大変なんだなぁ、と。だらだら描かれているようでいてやっぱり面白い。

まだタイトルとの関連が不明だ…オカルトに突入するのか?山岸凉子自身の体験をもとにした短編「あやかしの館」は、欠陥住宅と“鬼門”がタッグを組んだ、もろオカルト作品だったけど。

独身でいながら自分で家を建てられる女性の職業ってかなり限られるだろうが、その数少ない職業のひとつが漫画家。家を建てる苦労を作品のネタにしない手はないというか、その顛末を描いた作品はどれも面白い。

伊藤理佐「やっちまったよ一戸建て!!」、内田春菊(独身じゃないけど、ダンナはヒモ同然だし)「ほんとに建つのかな」、山下和美「数寄です」。あと何があったっけ…。
井戸の配水管修理
水道屋さんが、思いがけず午前中に立ち寄ってくれて、配水管を繋げてもらった。ポンプも古いので、繋がった後もしばらく水の出がいまひとつ。いろいろ構ってなんとか元に戻った。

ポンプは買い換えると5~6万円程度らしい。完全にオシャカになったら買い換えようということで本日は終了。

屋外用、仕事場の手洗いと、井戸水も結構使用頻度が高い。使えなくなると、その不便さがわかる。
次から次へと
台所の水漏れは、心配していた壁の中ではなく、単に水道栓からの漏れだった。新しいのに取り替えて終わり。

はーやれやれ、と思っていたのだが、またもや!

義父が畑の隅をほじくり返す→セメントの破片や石が転がる→井戸水を引いているパイプにあたる→破損→義父、井戸側の元栓を締める→そのままほったらかして部屋でゴロ寝→水がこないので家のそばにある井戸ポンプのモーターが作動しっぱなし→嫁がそれに気付く→井戸が枯れた?何か異変が?とあちこちチェック→さんざん調べたあと義父母に報告→やっと事情を知って脱力する嫁。

モーターのこともあるし仕事場の手洗い場とか断水するのに、どうして黙っているのか。やっぱ年寄りはいろいろと鈍っているので、油断がならない。義父の場合はもともとの性格もあるが。

いちおう対応を尋ねたけど、「どこに頼めばいいかなぁ…」とぼんやりしたことしか言わない。あー、はいはい。水のパイプがぶっ壊れたんだから、水道屋さんだよね…。で、またもや水道屋さんに電話。今日はお世話になりました、ところでまた別のところをお願いします、と。

なんかもうエンドレス。家中のどこの水道管も古いからなぁ…。
7月17日
毎月恒例…といいたくなるくらいまたもや水漏れ。

こんどは台所の流し。
水道屋さんはすぐ来てくれないみたいだが、メーターがまわらない程度の水漏れなので幸い。
このクソあっちぃーときにまた修理かぁ…。

先週は義父の実家近くにある工場の屋根修理(セメント瓦を外してトタンに総替え)だった。例によって家内中で手伝い、お茶の世話など。その前は家の物置(柱と屋根、一部壁、戸棚だけの簡単なもの)を建てた。このところ絶え間なく大工・修理作業に見舞われている。そのたびにいちいちお茶出し。そういう世話をしなくていいという工務店は料金が高いらしいけど、そういうところに頼んだことないのでどのくらい差があるのかわからない。

しかし、このたびの物置と工場の屋根修理を頼んだ大工さん、見積もりでは「日当○○円」と言っておきながら、請求明細を見ると「時給○円」って書いてあった。作業開始時刻がウチで作業を始めた時間ではなく、自分の家を出発したであろう時間だったり。それで時給だから、見積もりの日当値段を軽く突破。おいおい。
7月11日
パンダは上野だけじゃなくて、和歌山にもいるのね。子パンダも何頭も生まれている。

で、パンダネタかと思って ↓ 読んでみたら、ものすごい予想外の展開

和歌山/アドベンチャーワールド

どうしてこうなった。

★★★
7月13日追加:写真、入れ替えされてしまった…いや、そっちが正しいんだけど…
母がしんどい(田房永子)
母がしんどい母がしんどい
(2012/03/24)
田房 永子

商品詳細を見る
斎藤環のツイッターで知ったコミックエッセイ。自分は特に実母との葛藤など無いし、自分が母親でもないが、友人・知人にそういう母親との確執のある人たちがいるので、他人事だが興味がある。

いやしかし、この著者の親はスゴイ。こんな人とはいっしょにいたくないわという人物が親。地獄のよう。「ウチの親のことを描いたようです!」というレビューがゴロゴロあふれているのも恐ろしい。

可愛い絵柄でさらっと描かれているサイコホラー。

著者は最近、無事出産されたようで、今後のさらなるお幸せを祈りたい。しかし、娘が出て行ったあと、著者の両親は二人きりでどういう生活をしているんでしょうかね…。

★★★
義母の病院の送迎の合間に買った。待合室で読んでいると、義母にそれ何?と訊かれた。「母親とうまくいっていない、母親を憎んでいる人がその体験を描いたマンガです」と言ったら、どうやら義母の罪悪感に触れたらしく、「N子(夫の妹)もわたしを恨んどるかもしれんわ…」と言われた。以前も聞いたことがあるけど、自営の仕事が忙しくてほったらかしだった過去があり、その後も色々あって、この母娘はヨメの私から見てもどこか冷ややかな関係。

「まー、でもNちゃんも結局働きづめ(にならざるを得なくて)で、子供をしょっちゅうウチに預けたり留守番させたりしてましたやん。自分の子供に対しても同じことをしているというか」

と、ぜんぜんフォローになっていないようなことを返すヨメ(しかも嫌味含む)。しかし義母はフォローと解釈してくれて、「同じ立場になったから親の気持ちもわかるだろうかねぇ…」と述懐。

夫と父親の関係もそうだけど、この婚家の親子関係、何年経ってもよくわからないとこがある。ま、わたしゃ他人だし。
7月4日
毎月恒例の手形割りのために銀行へ。

ここ数ヶ月、毎回毎回お金の借り換えを勧められている。金利も0.01%減るし、手許に余裕の現預金が出来るから、手形も期日まで置いておけて、毎月の5.125%余の割引損も無くなる。

心が動くが、「あと7年にまで減った返済期間がまた10年に延びてしまう」と夫には一蹴される。

あと半年はこれが繰り返される感じ。工作機械の10年リースが一区切りついたので、いままでより年間220万円はラクになる(はず)。それが唯一の明るい展望。
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.