本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
ねじとねじ回し この千年で最高の発明をめぐる物語
ねじとねじ回し この千年で最高の発明をめぐる物語 (ハヤカワ文庫NF)ねじとねじ回し この千年で最高の発明をめぐる物語 (ハヤカワ文庫NF)
(2010/05/30)
ヴィトルト リプチンスキ、Witold Rybczynski 他

商品詳細を見る
「スパイス、爆薬、医薬品」は、化学構造式の僅かな差異に、化学と歴史のロマンを見出す本だった。

この本は「機械」と「精度を極める」ことへの愛とロマンが満ち溢れている。読んでいると、なんだか手近な“ねじ”を手にとって「こっ、このねじ山がっ!この精密な螺旋形状がっ、人類の進歩の礎にっ」とハァハァしたくなることうけあい。マジで。

モーズレーがネイスミスに認めたのは、どの職人にも見られる性向、つまり生まれながらの機械への愛、金属を巧みに扱う性質、そして何よりも、精度を追求する心だった。精度こそは、絶対の基準なのだ。

音楽家が絶対音感を持つのと同じように、技師たちは鉄の性(しょう)・精度へ芸術家としての矜持を持っていた。

セザンヌが存在しなくても誰か別の画家が同じようなスタイルの絵を描いただろうと言われても、多くの人は納得しないだろう。

それと同じように、「突然歴史に登場した工具たちも、個人の創造性豊かな発想の産物なのだ」。

惜しむらくは、誰もがレビューで指摘しているが、図版が少ないのでシロートにはなかなか具体的なイメージが湧かないこと。エピソードの構成ももうちょっと効果的に組み立てていれば、わかりやすいのに…もったいない。素晴らしい解説を書いている「元旋盤工・作家」小関智弘氏に監修とかしてもらったらよかったかも。

★★★
ウチの家業もコレなんだけどさ。ロマンもへったくれもなくひたすらこなしてる。

★★★
ここ5年ばかり毎日朝晩裏山を上り下りしていたが、初めてマムシと出会う。前日、小ヘビがにょろにょろしているのに出会ったので、トレッキングシューズで思いっきり踏み殺したばかりだったけど、さすがにそんなことはできない。道の真ん中にいるのにおやっと気がついた途端、向こうもこちらに気付いて、鎌首もたげてきた。怖。

しばし見つめあった後、向こうはゆっくりと去っていった。

怖いので、これからは晴れていてもゴム長はいて登ることにしよう。

水道管は完成したものの
風呂場の二箇所の蛇口のために、水道管を新しく壁に這わせてつなぐ修理は完了。今回破損したのは水道管だけなので、壁の中奥まで通っているボイラーからのお湯管はそのまま。先々、この管がもし何かでダメになったら壁を大々的に壊しての工事になってしまう…。

というか、水道管が焼き切れるほど、風呂の火の粉が煙道の外に飛び散っているのがそもそも問題なわけで。五右衛門風呂をやめにすることを考えなくては…となるといったいお金がいくらかかるのか。
ふたたび水道管修理
朝イチから修理に来てもらう。

もう水道管は壁の外に這わせることにした。
一日がかりの修理となった。

煙突部分はそのままなので、いつもどおり風呂を焚く。
またもや風呂水道管破損
焚口の灰がしっとり湿っている…。水道メーターを確認すると、水漏れ…。あーまた修理。
スパイス、爆薬、医薬品 世界史を変えた17の化学物質
スパイス、爆薬、医薬品 - 世界史を変えた17の化学物質スパイス、爆薬、医薬品 - 世界史を変えた17の化学物質
(2011/11/24)
ジェイ・バーレサン

商品詳細を見る
現代に当たり前のように存在している、人々の生活に必要不可欠な化学物質がどのように発見され、抽出・合成され、普及し、世界を変えていったか。化学構造式を使いながらその歴史を解説した本。

店頭で奥付をみたら、重版。この手の翻訳ハードカバーで重版とは、これは期待できそう。気になる訳文も読みやすそうだったので、化学構造式のくだりはトバして読めばいいや~♪と読み始めたら、「序章」でそれを見透かされてマシタ。

化学構造式を理解することは、化学と歴史との複雑な関係をより生き生きしたものにすると我々は考える。

著者(と訳者)の、「有機化合物の構造式について、これだけでも理解してくれればいいから!わかってると面白いから!」という気持ちが伝わる、化学構造式についての基本的な解説が書かれた序章を読むだけで、随分時間がかかってしまった。化学構造式…高校生の化学の授業以来…だっけ?何を授業でやっていたか、ぜんぜん覚えていないし。

で、結局、本章の化学構造式のくだりは、やっぱりどうしても目がスルーしてしまったが、それでも文系・歴史好きには大満足の面白さ。読んで損の無い本。化学構造式に理解があると、もっともっと面白く読めるに違いない。

★★★
オノレに素養が無いために、きっと色々な面白いことを気付かずにきてしまっているんだろうな。
きのう何食べた?(6) (よしながふみ)
きのう何食べた?(6) (モーニング KC)きのう何食べた?(6) (モーニング KC)
(2012/05/23)
よしなが ふみ

商品詳細を見る
あらまぁ、もう6巻目が出たのね、買っといていつでも読めるようにしとくか、と思っていたけど、やっぱりすぐ読破。あいかわらず美味しそうで実用的な家庭料理が目白押し。

本編後のコラムで、「さばのみそ煮のみその分量を、本来大さじ1+1/2とすべき所を雑誌掲載時に大さじ1と表記してしまい、誠に申し訳ありませんでした」とあって、「え、“誠に”までつけるほどのことか」と思った。いつも自分はテキトーにみそを、いや調味料全般をテキトーにブチ込んでいるもんで…。

料理コミック本にこのカバー紙質はないな…といつも思う。装丁的に味わいがあるのはわかってるけど、実用的にはビニールコーティングのほうがいい。

★★★
梅雨入りして、ひさびさの雨。雑草が勢いづく。
商店街はなぜ滅びるのか 社会・政治・経済史から探る再生の道
商店街はなぜ滅びるのか 社会・政治・経済史から探る再生の道 (光文社新書)商店街はなぜ滅びるのか 社会・政治・経済史から探る再生の道 (光文社新書)
(2012/05/17)
新 雅史

商品詳細を見る
商店街の歴史はそんなに古いものではなく、20世紀になってから新しく生まれてきたものだった。都会に出てきた離農者のイージーな生業として多数の零細小売業が誕生、それらが寄り集まり、当時の世相・政治・経済を背景に利権を得てゆく。当初は高邁な理念があったものの、やがて自分とその家族の利益だけを考えた圧力団体に成り下がり、自滅していく。

商店街がどうやって誕生し、繁栄し、衰退していったのか。学者さんが資料とともに概説した内容だなーと思ってひととおり読み終えた後、著者の「あとがき」を読む。すると俄然、本文の内容がいきいきと立ち上がってきた。著者は、もう消滅してしまった商店街の酒屋の息子、という出自だった。職住一体の親の職業・家庭環境を嫌悪し、親のあとは継がず、都会で学者になった自分。還暦を過ぎてなおコンビニを経営して働き続ける両親と、憧れのサラリーマンになったものの不安定な身分で未だ所帯を持っていない自分。本文と違って感傷的なこのあとがきが一番面白かった。

★★★
両親の故郷にある商店街も衰退・空洞化が避けられないようなんだけど、そこでがんばってるオーナーさんがいて、ブログを愛読している。

★★★
婦人会の掃除。昨日まで涼しかったのに、今日は朝から暑かった。滝汗。
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.