本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
11月24日
ストーブを出して配置を考える。
新しく買い増ししているので、古くて調子が悪い(火力の調整ができず、炎がたちっぱなし)のを、工場用にしたり(広くて天井が高いのでガンガン燃えるほうがいいかと)。

★★★
足腰は毎日の山登りで鍛錬できるが、上半身のほうは何もしていないな、と思いつく。貧乏性なので、腕立て伏せなどのただのトレーニングだと続かない。
んで、風呂用の薪(知人から譲ってもらった解体した家屋の廃材)が裏の土地に山のように積み上げてあるので、それを毎日少しずつかついで家の側まで運ぶことにする。トレーニング兼なので、ワザと非効率なルートで運ぶ。ハタから見たら、なにチンタラやってんのヒマ人、と思われるだろう。

廃材には釘がいっぱい突き出ているので、気をつけて運ぶ。

ちなみに風呂焚き後の灰に磁石を突っ込んでその釘を回収、仕事のくず鉄とともに回収会社に売っている。
11月20日
地区の婦人会恒例のそうじ。
そうじのあとは近所の歯医者さんをお招きして、歯の健康についてのお話をうかがうという催し。現金での謝礼は受け取れないというので、近所の野菜市から色々ダンボール一箱分詰め合わせて差し上げる。

婦人部会長として一応仕切った。へとへと。
あとまだもう一回催しを計画している(させられている)。うーわんわん。

午後は海上自衛隊音楽隊の演奏会を聴きに行く。プロの演奏はええなぁ。
曲目に「くるみ割り人形 3つのダンスメドレー」というのがあったが、アレンジが斬新で、原曲を知っていなければこのアレンジは楽しめないだろうなぁと思った。

★★★
総統閣下シリーズ最新作?

野田総理のTPP交渉参加表明にあの方がお怒りのようです

この動画の使い勝手の良さには感心する。
11月16日
恐怖の石鹸。

http://www.cosme.net/product/product_id/329421/reviews/ord/point

「一生小麦でできたパンや麺類は食べられません」

怖い、怖すぎる。
洗顔石鹸で人生が狂ってしまうなんて。
僕のやさしいお兄さん 4(今市子)
僕のやさしいお兄さん 4 (花音コミックス)僕のやさしいお兄さん 4 (花音コミックス)
(2011/09/29)
今市子

商品詳細を見る
新刊を読み始めたものの、前回のあらすじをすっかり忘れ果てていたので、押し入れの「入れと庫」から全巻引っ張り出して最初から読み返す。面白い!面白いんだけど。おそらく来年出るであろう5巻を買ったら、また最初から読み返しだな…。自分の記憶力減退を自覚するシリーズ。

★★★
経理前任者から携帯に着信。源泉徴収票送ってほしいとのこと。彼女は今、某病院でフルタイムで働いているのをこっちは知っている。病院の前は仕出し屋だった。ウチが下請けをしている会社の人が目撃して、世間話としてウチの耳に。病院勤めも、通院している人が見つけてやはり世間話としてウチの耳に。

どこに勤めていても、見かけた知人からまわりまわってこっちの耳に入ってくるのだ。田舎は狭い。
旗本夫人が見た江戸のたそがれ―井関隆子のエスプリ日記
旗本夫人が見た江戸のたそがれ―井関隆子のエスプリ日記 (文春新書 606)旗本夫人が見た江戸のたそがれ―井関隆子のエスプリ日記 (文春新書 606)
(2007/11/16)
深沢 秋男

商品詳細を見る
江戸時代後期、井関隆子という旗本夫人が綴った数年間の日記から、おいしところをかいつまんで紹介した本。

将軍家のお側仕えをする家柄の井関家に後妻として入り、夫亡きあとは継息子夫婦に家督を譲り、悠々自適の老後に入ってからこの日記を始めた隆子。以後、没するまでの数年間、時の政策の批判から市井のあれこれなど多岐にわたって綴っていった。隆子が記した将軍家斉の死亡日が公式記録と23日間も違っていて、公式記録に意図的な隠蔽があったという重要な証拠になっていたりする。

つまみぐい的に紹介してあるので、時系列が前後して少々読みにくかったところもあった。日記全体の解説付きの現代語訳が読みたくなる。

あと、作者が隆子を持ち上げすぎじゃないか。現代語訳で読んでも、隆子の知的で冷静な文章力は十分伝わってくるので、ことあるごとに登場する著者の隆子礼賛が小うるさい。そもそもこの時代のこの程度の身分の女性なら、このレベルの教養・観察眼・文章力はそれほど珍しくもないのでは。隆子の日記は運良く現代まで保存されたが、歴史の波に散逸していった女性たちの読みごたえのある日記は無数にあったはずだ。

★★★
↓ 何をお買いになったのか気になる…。

http://twitpic.com/7be7wq
11月2日
はじめての決算を迎えたわけだが、20日〆の相手先から今月末に届く明細がこないとウチの先月〆が完了しない。結局、税理士さんには来月頭に書類提出となるわけか。

二つの市から法人税申告書類が早速届く。書類を見ていると、今年年頭の督促まみれの重苦しい思いがよみがえってくる…。まぁ、よっぽど何かが起こらない限り、今年は督促されるまでもなく納税できるけど(当たり前だ!)。
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.