本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
7月30日
朝から午前中だけ夏祭りの手伝い。

婦人部は、スタッフ用のおむすびや、売り物のホットドック・フランクフルトの準備。手分けしての作業なので、自分がしたのは、おむすび用の梅干をちぎっておくこと、大鍋で500本のフランクフルトを茹でる、で終わった。調理場は蒸し風呂のような暑さで、全身汗びっしょり。

お昼はやはり大鍋に作ったカレー。具が鶏肉、タマネギ、人参、ピーマン、茄子、カボチャ、(ホットドック用の残りの)キャベツ。自分が今までカレーに入れたことの無い具のせいか、おかわりしてしまうほど美味しかった。こんどこの味を再現できるかどうかつくってみよう。

★★★
http://www.amazon.co.jp/dp/4270006501/
↑ カスタマーレビューで明らかにされた「滑稽かつ悲惨な内部事情」に仰天。「機械翻訳」のままで出版するとはむちゃくちゃでござりまする。

http://buckeye.way-nifty.com/translator/2011/07/post-1a4a.html
↑ プロの翻訳者が検証。エキサイト翻訳らしい。
7月29日
トラック無事納車。

その後、保険変更のやりとりを電話とFAXで。手続きは来週月曜日になるので、もし土日に運転するなら一日ごとに2千円保険料がかかります、だって。乗らねーよ。

いつも車検を頼んでいるところに、ボロトラックを廃車にする依頼。部品代でこっちにお金がもらえるかも、とか。(屮゚ o゚)屮 カモーン
7月25日
カメラ向けると絶対に調子に乗ったヤツが一人はいるので困る。

  ↑ ん?右側のペンギンか?…と思ったら。


★★★
可能な限り大急ぎで振込み、印鑑証明と車庫証明をとって送ったのに、相手側の休業日とかが挟まって、結局納車は今週末。こっちのボロトラックの車検が切れるのが今月末。もーギリギリ。あとはただ待つだけ。
ジョージ五世-大衆民主政治時代の君主(君塚直隆)
ジョージ五世-大衆民主政治時代の君主 (日経プレミアシリーズ)ジョージ五世-大衆民主政治時代の君主 (日経プレミアシリーズ)
(2011/06/16)
君塚 直隆

商品詳細を見る
著者の「女王」(ヴィクトリア、エリザベス二世)関連の書籍を読み返しているところにこんな新刊が。ハズレのない著者、しかも新書なので即買。

ジョージ五世は、ヴィクトリア女王の孫、エリザベス二世の祖父。第一次世界大戦前後の激動の時代の国王で、国の内外での民主化・大衆化の動きを理解し、共存・共栄の道を模索、大英帝国を支え抜いた。開国デビューした日本との浅からぬ関係にも、かなりのページがさかれている。「立憲君主制の父」として、昭和天皇・現天皇が手本とし、伝記を教材として学んだりしたそうだ。

貴族から平民へと変わっていく議会政治にどのように干渉し公平に導いてゆくのか、インド「帝国」の統治、「いとこたち」との未曾有の大戦争…。スリリングかつ読みやすく、リスペクトに溢れた筆致はやっぱりハズレ無し。

あとがきによると次の著書はこのジョージ五世の父・エドワード七世の外交政策についてとか。あまりにも偉大な母女王との確執・享楽的な面ばかりが語られがちな君主だが、この本でも外交政策・息子ジョージへの君主教育の的確さなど、君主としての力量を説いた記述にいままでお目にかかれなかっただけに新鮮だった。次の著書にも大いに期待。できればまたお手ごろ価格の新書がいいなぁ。
7月16日
ネットで見積もった中古トラックの現物を見に、関西方面へ日帰りで行く。

大阪と京都をまわり、目をつけていた一番いい物件で契約成立。
ついでに祇園祭りの鉾のある通りを少しブラついてから帰途へ。

行きは事故渋滞を避けるために高速を下りてウロウロしたために時間がかかったが、帰りは何のトラブルもなくスイスイ走り、京都南ICスタートで実質3時間半ほどで帰宅できた。
大奥 第7巻(よしながふみ)
大奥 第7巻 (ジェッツコミックス)大奥 第7巻 (ジェッツコミックス)
(2011/06/28)
よしなが ふみ

商品詳細を見る
七巻目にして、ようやく一巻目のラスト、吉宗の時代へ辿りついた。…とその前に、「江島生島事件」。毎回、史実を男女逆転でどう描くかが楽しみなこの作品だが、大奥を揺るがしたこの一大スキャンダル、よしなが流にはこうなったのか…。江島は陰謀を理解してその上で自分のスジを通したわけだけど、生島にとっては何が何だかわからないままに拷問・流罪、あっという間の老婆描写。完全にとばっちり。ひどいなー。面白かったが。

ラスト、いよいよ徳川十五代中、最大のアレな「家重」の登場でまた波乱の予感。挙動は異常でも知能は正常だったらしいとか諸説色々ある将軍。まだ吉宗の時代も終わらない。大岡越前との丁々発止もまたあるといいな。

それはそうと最大の黒幕って久通なのね…。恐ろしい子!

★★★
専用の通帳を作り、資金移動も完了。やっとちょびっとゆとりが(涙)。でも早速、資産クラスの購入予定が発生している。あう。
7月3日
自治会・婦人会主催の「健康教室」。

ヨガと夏の健康レシピの二本立てで、参加のみなさんがヨガを習っている間、婦人会役員の自分達は料理を作り、ヨガ終了後全員で和やかに会食。午前中かかってすべて終わり、片付けをしていると、同じ婦人会役員の異常に張り切っている人が、「んで、次の秋の健康教室の段取りなんだけど…」と話し出す。婦人会主催の催しは例年、掃除のほかはせいぜい年に一回(無いときもある)なんだけどなー。

どうしてこう、クソつまんねー「自治会の親睦」とやらにそんなに燃えられるのか、謎。こっちは連日やらなきゃいけないこと、やりたいこと(昼寝も含む)がいっぱいあるというのに。
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.