本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
3月31日
朝から読んで、その冷静な筆致・状況把握内容に感銘を受けた。
   ↓
東日本大震災の気分的総括について
3月25日
来月割る予定だった手形を、予定変更して今月割りにいったら、例の担当者に資金繰り表の書き直しを命ぜられる…(ー_ー;) 書きゃあいいんでしょー書きゃあ。

★★★
以前の勤め先だった社長夫人のブログ、あいかわらずトバしている…。本人は心の底からイイことだと思っているのでしょうが、放射能対策にトンデモ食養を勧めるのは単なるデマ拡散。

そのトンデモ食養の批判ブログを見にいったら、やっぱり批判エントリが上がってた。

http://d.hatena.ne.jp/doramao/20110316/1300276638
3月22日
眼鏡を新調。検眼後、近くの本屋で30分ほど時間をつぶし、出来上がったのを取りに行く。これで運転時も安心(…って今まで)。

老眼が進行するんだから近眼まで進行しないでほしい。
3月21日
婦人会の会長を押し付けられた。今年はいろんなことをやらなきゃならん年だということか。

「(婦人会の)予算が余って貯まっているかなら何か(催しを)しないと…」

余っているなら、そもそもそんな予算いらないってことじゃねーのか。親睦という名目で、みんなが嫌々参加する催しを無理矢理行って予算を消化する…。むなしい。

★★★
大腸がんの手術をした義理の叔母のお見舞いに、姑と一緒に行く。

休日は正門は閉まっていて救急外来からの出入りなので、えらく遠回りとなり、敷地内をかなり歩かされる。
3月16日
借金爺ぃと今月もバトル。二度目ともなると相手のパターンが読めてきた。来月はもっとスマートにあしらってやろうと決意。

半年ぶりの美容院へ行く。

ドライヤーをかけてくれた人が「関西電力の節電よびかけチェーンメール」を信じていたので、「それデマメールだよ」と言っとく。

↓ひさびさに笑った。
うわっ…私の買出し、多すぎ…?
歌舞音曲禁止…ではダメ
毎日通っている作家さんのブログで、なるほどと思った。↓

必要なお金は政府なり日銀が用意すれば良いことです。国民はそのお札に信用を与えれば良い。そのための経済活動の継続です。緊急性を言うなら、必要な物資を持っている個々の企業がそれを供出してくれるでしょう。
 それに、日本経済の大黒柱は製造業でも輸出でもなく消費です。それが飲み屋だろうが、TSUTAYAだろうが、国民一人一人が日常を継続して消費に貢献することが最大の支援になります。昨日と変わらずお金を使うこと。できれば昨日より多くのお金を使うこと。それが回り回って被災者を救うことになる。


確かに、個人がバラバラに物資を送ったり(折鶴は論外)、組織的に統制がとれない不慣れなボランティア活動するより、経済活動にいそしむほうがマシだろうなぁ。

ということで、本日は開店したニトリへ行ってみた。
ハンガー5本セット290円、バスマット349円、まな板たて190円、しめて829円購入。
昼は「王将」。二人で1,890円。
食料の買い出し6,924円。

…ロクな経済活動してないけど。
3月12日
エライことになっている。現在こちらでは何も異状がないが、そのうち流通寸断の影響がじわじわくると思う。

婦人会の役の引継ぎ会。報道を観たあとだと、そういうことやってる場合か!という気になる。
3月8日
今月も手形を割るための準備。

先月はもたもたと手間取った準備だったが、今月は理解が進んだせいかさくさく進む。帳簿付けも先月までの分がほぼ出来上がり、試算表も一応プリントアウトできている。税理士さんのチェックを受けてはいないから、どれくらい間違いがあるのかわからないけど。決算期で忙しいから見る時間がないと言われたので仕方がない。

自分が「税理士事務所で記帳代行入力をするアルバイト」程度にはなれたかな?…と低レベルな自己満足にしばし浸る。

しかしこの試算表、ウチのこのたびのアレな出来事がモロに数字に表れているのだが、銀行で何をどう言われるのだろうか。
3月3日
四十の手習い。

経理の知識もだんだん増えてきた。やりながら徐々にわかってきて間違いに気付くので、何度も修正。これで帳簿とか伝票がぜんぶ手書きだったらたまらんだろうなぁ。全部手書きだったところからスタートしたので、現時点ではまだ手書きと経理ソフト入力とを並行させているが。

先日病院へ行ったが、読書をする余裕もなく、エクセルで自作した資金繰り表とにらめっこ。
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.