本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
紫式部日記(ビギナーズ・クラシックス)
紫式部日記  ビギナーズ・クラシックス 日本の古典 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス 日本の古典)紫式部日記 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス 日本の古典)
(2009/04/25)
紫式部

商品詳細を見る
清少納言をボロカスにけなした箇所が特に有名。おかげで、ちょっとそれってどうなのと、あまりいい印象がなかった紫式部。この本の平易な解説と本文でその悪印象が払拭された。

当時の慣習として人前に顔を出すことがほとんどない生活をしていた主婦(その後未亡人)・紫式部。「源氏物語」が評判となり、女房として採用され宮中に出仕することとなる。しかし職場の先輩女房たちから冷たく無視され、わずか数日で逃げ出してまた家に引きこもってしまう。

そんな彼女がふたたび出仕し、徐々に同僚たちや女主人(中宮・彰子)の信頼を得、女房という職務がいかにあるべきかを説くまでになっていく。“職業婦人”として成長していく紫式部の姿が生き生きと解説されていて、なかなか新鮮な構成。

清少納言を徹底的にケナしたのも、その背景を知っていくと意図が理解できる。紫式部が出仕したとき、すでに清少納言とその女主人(中宮・定子)は政治的に敗北していて、定子はこの世を去り、清少納言も宮中から消え去っていた。しかし「枕草子」の描写によって、定子サロンはいつまでもその存在を人々に強烈に印象付け続けている。機智溢れる女房たちが仕える明るく華やかだった定子サロン。対して現在、未熟な女房たちしかいない地味でつまらない彰子サロン。

彰子サロンをもっともっとみんなで盛り立てなければ!そう奮起する紫式部にとって、清少納言と「枕草子」は踏み越えて行かなければならない存在。そういう意図もあってあのボロカス批評となる…と。

角川文庫ビギナーズ・クラシックスの一冊。この「紫式部日記」がとても面白かったので、「枕草子」も手にとってみたがこっちの構成は平凡だった(橋本治の桃尻語訳版を読んだほうがいい)。編者によって面白さにバラつきがあるシリーズみたいだ。次は「大鏡」を読んでみる。
2月15日
ウチが肩代わりした借金を、3年以上放置しているご老人。自分の借金には知らんふりのくせに口を開けば「次の(手間賃)はいつもらえる?いくらもらえる?」と仕事の連絡をするたびに同じことを訪ねてくる。

今日はその手間賃を受け取りに来るので、あらかじめ三割引っこ抜いて渡した。

当然文句垂れまくり、あまつさえ「今まで毎月どのくらい返してほしいとかいう話もなかったのにいきなり…」(←それはウチの義父がもうボケているせいなんだけどさ…)などと抜かすので、こちらも激しく応戦。

…経理ってこんな仕事だっけ…?
初めて手形を割った日
昨日から手形を割るのに必要な書類を作成。やっと出来上がって銀行へ。

うるさがたで評判の銀行担当者が、“かくあるべき会社の数字の見方と分析”について小一時間講釈をたれまくる。実務について一ヶ月も経っていないのに、それが出来たら天才だよ…。

ともあれ来週頭に入金のめどがついて、ホッとして帰宅。
2月3日
公正証書の手続き完了。開放感からか、夫は帰宅途中コンビニのスイーツ(←ウザい言葉…だけどほかに使う言葉がない)を買ってくる。神社での節分の豆&餅まき(拾い)から戻った義父母も、パンや恵方巻きを買っていた。

心底「鬼は外」と叫びたい。
2月2日
家業の経理をすることになって1ヶ月経過。3キロ痩せた。とはいってもその体重でBMI指数20なので、とくに問題なし。

前任者をK察沙汰にするのはこちらも本意ではないので、公正証書を作って返済してもらうことにする。
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.