本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
アメリカ文学にみる女性と仕事
アメリカ文学にみる女性と仕事―ハウスキーパーからワーキングガールまでアメリカ文学にみる女性と仕事―ハウスキーパーからワーキングガールまで
(2006/02)
野口 啓子山口 ヨシ子

商品詳細を見る
メアリー・チェスナットという女性のことを知りたくて読む。メアリーはアメリカ南部の大農園主の妻でありながら、南北戦争前後の時代に黒人奴隷制度を非難する記述を含む日記を書いた女性。後年日記の発表を志して推敲したため、日時の矛盾が生じ、その内容の先鋭的なこととあわせて、一時は偽書扱いされたり、実在の女性ではなかったとの誤解まで生まれた。

彼女が奴隷制度を憎んだのは、自分もまた白人男性の奴隷でしかない無力な白人女性であることから。ただ、そこまでが「サザン・レディ」の限界で、社会体制を憎みつつもそこから抜け出すことはできなかったし、奴隷制度の根幹への疑問を持つことはできなかった(だから白人男性の子どもを生まされる女奴隷たちに対して、誘惑する女奴隷が悪い・モラルが低いと、的外れな非難をしている)。

この本はチェスナットのような上流のレディ、言わずもがなの有名なローラ・インガルス・ワイルダー、奇跡的に“ペンを執ることができた”黒人奴隷女性、農園を経営する女性、作家としての名声を築いたルイザ・メイ・オルコット、都会の劣悪な工場で労働する女性、労働運動をする女性、と日本での知名度の高低さまざまな女性たちが掲載されていて読み応え十分。

★★★
自分の住まいもたいがい田舎だが、もっと凄い田舎のヨメのブログを見つけてしまって読みふける。ダムに沈んで滅んでしまえばいいような集落の日々の日記。こういうの読んでから、山奥の国道をドライブすると「ここらへんもあんな恐ろしい“習わし”がある集落だろうか…」と思ってしまう。
掛け算しかできない電卓
タイトル通り、掛け算にしか使えない電卓、その名も「ボーイズ電卓」(そのまんまやんけ)。

↓このような解説。

日本人女性の多くは掛け算が得意だと言われています。
この電卓では、日本人女性が掛け算をする際にどのような思考が働いているのかを調べることができます。


使い方は簡単、数字を入力してイコールボタンをクリックするだけ。

……

…虚脱感に襲われた。なにも喘がなくても。

★★★
畑のナスビ、いったん止まった実りがまた再開。連日大量にできる。収穫してバケツてんこ盛りのナス。

数日経つと、そのバケツの存在をあえて無視するようになる。お義母様、よろしく。
交渉人は黙らない
交渉人は黙らない (SHYノベルス)交渉人は黙らない (SHYノベルス)
(2007/02/23)
榎田 尤利

商品詳細を見る
JUNE創刊からのBL歴を誇る自分だが(誇らんでもいいか)、読んだり読まなかったりの時期の山がある。このシリーズは読んでない時期に始まったため、遅まきながらシリーズ3冊をいまごろ読破。

…で、たちまち4冊目が出る予定の、来年春を心待ちにするカラダになっちまったよ、あ~あ。

寡黙な美少年だった高校時代から、いくつもの暗い過去を乗り越えて、検事→弁護士→口の減らない不屈の交渉人(ネゴシエーター)となった主人公・芽吹章のキャラが魅力的。BLというジャンルは主人公モテモテに設定されている作品が山ほどあるけど、素でここまでカッコイイのはなかなかいない。腕っ節はからきしダメだけどとにかくタフ、口八丁手八丁、あきらめない、シビれます。攻めのヤクザ・兵頭も、なんというか「地に足のついたヤクザ設定」がおかしい。車はカローラ、家は清澄白河のマンション2階(なんかあったら窓から逃げられるから)の3LDK、風俗店経営でシノギ…。イタリアンスーツのお洒落さんで、受けへ迫るセリフもお約束連続ではありますが。

二人の“夫婦漫才”状態の会話のコメディセンスも抜群。愛とエロとギャグをたっぷり堪能、榎田尤利の文章のウマさを再確認。

ところで榎田尤利(漢字登録済み)、新刊が出ると、bk1の総合1位になってしまう。bk1にそういう客が多いというせいもあるのだろうが、BLというジャンルを知らない人が見たら、誰?これ?名前なんて読むの?になるのだろか。

★★★
過去に処分してしまった榎田尤利本が何点かあって、ちと後悔。こういうことがあるから、本の処分がつい後手後手にまわって包囲されてしまうのだ…。
うわ…っ
↓1分50秒あたりから注目。


観終わったあと、動悸バクバク、手が震えてきた。
9月23日
連休といってもあまり変わりない日々。後半は夫婦ともにいつものように仕事。実家の墓にはかなり前倒しで花を供えておいた。いまごろもう枯れきっているだろうな…。

松嶋×町山 未公開映画を観るTV」が投稿動画サイトで観られることを知って(著作権的にアレですが)、この連休中にだいぶ観てしまった。

今週日曜放映だった「51 Birch Street」の前半(後半は次の日曜日放映)も観る。1950年代に結ばれたアメリカの“典型的理想の夫婦”のドキュメンタリー映画。ビデオ撮影を仕事にしている男性がつくった映画で、自分の両親の結婚50周年記念日のホームビデオ撮影後、みるみる思わぬ展開となっていき、身内だけの記念映像だったものが、とうとう一般公開するようなドキュメンタリー映画になってしまった、というもの。

結婚して、郊外に家を買い、子供を育てあげ、年老いてゆく。誰もが“いろいろあったろうが、長年連れ添った幸せな夫婦”だと思っていた夫婦の秘密、解きほぐされてゆく真実。

後半がまたどんどんこわくなっていきそうで楽しみ~。

51 Birch Street (Full Col Dol) [DVD] [Import]51 Birch Street (Full Col Dol) [DVD] [Import]
(2007/08/14)
Mike BlockMina Block

商品詳細を見る


背信の科学者たち(を読みながら思った、と学会問題)
背信の科学者たち (ブルーバックス)背信の科学者たち (ブルーバックス)
(2006/11/21)
W. ブロードN. ウェイド

商品詳細を見る
この本には、権威ある科学の現場で、あやしい捏造が何年もまかりとおり、誰もおかしいと思わなかった例とか、その場ではおかしいと思ってもなかなか言えない例とかが、ワンサカあげられている。

科学者は客観的であるよう訓練されてはいるが、現実には意図的な欺瞞に関してはきわめて弱いのである。というのは、彼らは客観性ということの重要性をたたき込まれているので、ペテン師の全く非合理的な要素を無視し、軽んじ、抑え込んでしまうのであろう。

客観性に自信のある人ほど危ない、ってことか。無知でも馬鹿でも騙されるけど、賢くても騙される。いったいどうすりゃいいの。

先月のことだが、この本を読みはじめたとき、「と学会ML問題」が同時期にネットで盛り上がっていて、なんだかリンクしているように感じてしまった。関連するいろんなサイトもついつい読んでしまって(ニフティのパソコン通信時代からの因縁もからんでくるのでテキストも膨大)、読了するのにけっこう時間がかかった。

「トンデもない本にツッコミを入れるというスタンスの“と学会”」が、身内の会員の所業に外部からツッコミを入れられるとどういう対応になるのか…赤裸々に暴かれている。具体的にはこのエントリあたりから。

人の本に鋭くツッコミを入れてそれを商売にしているのに、身内のそれには意識的にか無意識にか切っ先が鈍る。客観性には個人的な資質もあろうが、そもそも組織というものはどんな組織であっても内部に発生した“問題”には、自浄どころか直視することすらとてつもなく難しくなってしまうものなのだな、と思った。思っただけ。

★★★
シリーズ「トンデモ本の世界」の続刊ははたして出せるのか。出てももう読む気はなくなってしまったが。

★★★
一冊の本を日にちをかけて読むと、最初のほうを忘れてしまうようになってしまった今日このごろ。
過食日記
過食日記―ダイエットから摂食障害になった私過食日記―ダイエットから摂食障害になった私
(2008/07/15)
高橋 カオリ

商品詳細を見る
イラストレーターの著者が、「過食症」に陥り、自分の力でそれを克服してゆく体験を描いたコミック。

ストレス解消方法が「食べること」という著者は、いつの間にか「過食症」という病気になっていく。この「いつの間にか」が怖い。ひとりになると、ものすごい量のスナック菓子を猛烈な勢いで立て続けに食べまくる。この時点でもうビョーキに突入しているのだが、本人にはそれが病気だという自覚はない。食べて食べて食べまくり、食べまくる自分が嫌で更に食べ物を詰め込む。依存症の特徴の、“ストレス解消のために依存している方法がまたストレスになる”の悪循環。

そして悪化の定番、嘔吐。「あとで吐くから食べてもいいんだ」と限界まで胃に詰め込み、「食べたものを全部出さなくちゃ」と必死に吐く。あとで吐きやすくするための食べかたなど、嘔吐技術(?)にも修練。連日の過食・嘔吐生活に便秘になってしまう。そのため最終的に下剤が加わり、食べなくちゃ、吐かなくちゃ、しめくくりに下剤を飲んどかなくちゃ、のフルコース。やがて「毎晩決まった時間に規則正しく過食」というスケジュール化していく。

著者が過食に陥ったきっかけはダイエットだが、その方法は「10日間の絶食」。

「私、飽き性だから2~3ヶ月かけて少しずつ減量するなんてムリ!スパッと短期間でケリをつけちゃうほうが性にあってるからラクなんです」

生い立ちとか仕事のストレスとかさまざまな要因があると思うけど、生活習慣である体調管理にこういう考え方でとりくむ精神構造も、そうとう大きな要因に思えた。

やがて自分が過食症であるという病気の自覚を持った著者は、その時点で体調ボロボロ。ストレスの一因でもあった仕事もできなくなり、失職。そこからが意外な展開。著者はすっかり開きなおって、無職・引きこもり・ゲーマー生活をとことんエンジョイしてしまうのだ。なるべく支出を最小限に、映画をレンタルDVDで観まくり、中古で買ったRPGをやりこみまくる。そんなある夜、ゲームに疲れ果ててそのまま眠り込んでしまった著者は、翌朝目覚めてハッと気付く。

「私 昨日の夜 過食してない」

と、こうして映画鑑賞、ゲームに徹底的に“依存”することで過食生活から抜け出していく。いちおうめでたし、めでたし、という結末ですが…この著者の時代と違って今のゲームはオンラインで「ネトゲ廃人」という例もあるしなぁ。依存から抜け出すには別のものに依存するしかなく、どうせ依存するなら、なるたけ健全な、実生活を破壊しない依存対象を見つけるしかないんでしょうか。

わかりやすくエグくもない絵柄で、拒食症に比べて認知度の低い過食症の入門書として、とてもわかりやすかった。しかし、嘔吐の手順・コツ紹介ページなんてのがあって、「良い子はマネしてはいけません」なんて添え書きしたって、マネする人はマネするだろうし、危ない。

それにしても、トシをとってドカ喰いができなくなり、どちらかというとストレスは拒食に向かうタチの自分は、読んでいるだけで胃もたれしてきましたです…うう。

★★★
もう20年以上前もなるが、ある若い女性ライターが自分の摂食障害をネタに書いた文章に、最初に食べたものがちゃんと吐けたか確認するために、始めは色のはっきりした食べ物(トマトとか)を食べる、なんて書いていたのを思い出した。

食べたら胃の中で一緒になる、なんていうけど、実は食べた順番に胃の中で層になっているのが、吐くとわかる。

その女性ライターは、その文章を書いてしばらくして死んだ。前にもここで書いたけど、一人暮らしの部屋で、風邪をひいて衰弱していたところに、嘔吐したものが詰まって窒息死したんだそうだ。雑誌でみた彼女は細くて可愛い感じの人だった。自殺した漫画家の山田花子の雰囲気にも似ていた。細くて可愛くても油断してはいけません(何を?)。
新・電脳なをさん (1)
新・電脳なをさん (1)新・電脳なをさん (1)
(2004/03)
唐沢 なをき

商品詳細を見る
この巻しか読んでいないが、Amazonレビューを読むと既刊5巻よりパワーダウンという感想。この内容でパワーダウンなんて、どんだけ既刊が凄いやら。

各編色んなマンガのパロディで電脳話。その濃いことといったら…「村祖俊一」のパロなんて初めて読んだ。おなじみセーラー服の美少女が出てきて、
「ビル・ゲイツの正体は実は女子高生なのである。(マスコミに露出する姿はただの影武者)
で、X-BOXとソフトで損失を出したため、影の大首領様からエロいおしおきをされてしまうという村祖的展開。

あと「はだしのゲン」の兄弟が、「綾波の改造エロフィギュア」(もちろん「はだしのゲン」キャラ風の綾波、ブルマー穿いてます)をオークションで落札しようとする話とか。
「み、みろ進次、大変じゃ」「綾波の改造エロフィギュアがオークションにかかっとる」「こりゃ競りおとさにゃいかんのう」
終了間際に値段がどんどん上がっていって、とうてい手のとどかない値段に。
「い、いったいどこまでわしら貧乏人を苦しめれば気がすむんじゃこいつらは」

ディープな漫画ネタとパソコンネタと下ネタがぎっちり。

★★★
今年の夏は、ゴキブリ対策として早めにホウ酸ダンゴを設置していた。そのせいか少なくてすんだ…かと思いきや、ここ数日出るわ出るわ。夏の間、姿を見ないですんだのは、冷夏のせいだったのかダンゴのせいだったのかわからない。今のこの惨状はホウ酸ダンゴの使用期限ってこと?パッケージ捨てちゃったので確認できない。とりあえず買い置きのホイホイを設置すると、たちまち入居者多数。
たかが恋だろ(山田ユギ)
たかが恋だろ (ミリオンコミックス Hertz Series 61) (ミリオンコミックス  Hertz Series 61)たかが恋だろ (ミリオンコミックス Hertz Series 61) (ミリオンコミックス Hertz Series 61)
(2009/07/03)
英田 サキ山田 ユギ

商品詳細を見る
山田ユギは、“山田靫”時代の初コミックスからずっと購入し続けていたが、数年前からマンネリを感じて購入中断してしまっていた。だもんでお久しぶりの購入。幼稚園の子持ちヤモメの主人公を挟んで、中学時代の同級生(卒業以来の突然の再会、実は…)と義理の兄(主人公の亡き妻の兄・ヤクザ)との三角関係?なお話。三人とも喫煙シーンが多くてカッコいいのがなぜか気になった。

原作の英田サキの他のノベルズはぜんぜん読んでいなくて、なんとなくヤクザスキーの方?程度の認識しかもっていなかったけど、このコミックスはなかなかよかった。通常の山田ユギならこうはならないだろうというストーリー展開で、以前に感じていたマンネリ感もなく、でも山田ユギらしさの魅力もあって、原作・コミック作者双方のコラボ大成功!的な面白さだった(英田サキ作品を読んでないくせに言うのもナンだけど)。

スピンオフの義兄のお話も早くコミックスになってほしい。「愛と誠」のその後も気になる。

これを購入後、しばらく「語シスコ祭り」と平行して「山田ユギ祭り」も脳内絶賛開催中になってしまい、旧作読み返しおよび、購入中断中の作品追跡。しかし、ビブロス刊行だったコミックスのビブレ新装版にちょびっと描き下ろしがあるのは、困る。カンベンして。

★★★
ウソのように腰痛快癒。なんでこんなに回復が早いのかわけわからん。でもまぁ早く治るのはありがたいことだ。よって通常業務遂行。
腰痛主婦、ジャムを煮る
母親の月命日なので、墓参りを兼ねて仕入れに行こうかと思っていたのに、腰痛のため外出できず。今朝は激痛でなかなか起き上がれず「このまま寝たきり…?」とビビる。身体がほぐれて徐々にマシになってきたのでホッとした。

近所の親戚から昨日もらったブルーベリーでジャムを煮る。
一日中家にいて、ジャムなんか煮る朝…ああ…今のわたし、もしかしてほっこり(←おぇ~)主婦?ほっこり主婦にギックリ腰っつー属性はありえないけどな。

ジャムはちょっと煮つまりすぎになってしまった。調べると「煮つまりすぎて固くなったときはラム酒などを少量加え、ゆるめて使って下さい。」とのことだが、そんな洒落たモン、うちにはねぇよ。
ダ・ヴィンチ 2009年 10月号 [雑誌]
ダ・ヴィンチ 2009年 10月号 [雑誌]ダ・ヴィンチ 2009年 10月号 [雑誌]
(2009/09/05)
不明

商品詳細を見る
最近、需要がどこにあるのかわからない付録をつけて、紐でしばってあるダ・ヴィンチ。「テレプシコーラ」の立ち読み防止が目的に思えて仕方がない。

今朝、掃除中にぎっくり腰になった。何年ぶりだろうか。日常の動作でいきなりなるので予測不可能。
文字通り_| ̄|○ になる。

しかし、今日はダビチン発売日!這ってでも買いに行きたい!(ああ…楽天ブックスで定期購読手続きしときゃあよかった…)と思いつつも、まぁ、這うような状態でもないのでフツーに買いに行く。テレプシコーラはネタバレを既にチェック済みで、そういう展開なのだとは知ってはいたが、やっぱり文字通り_| ̄|○ 状態…。先月は飛躍的にアゲといて、今月はまた落とす、と。あいかわらず巧みに読者をもて遊ぶ山岸センセー。読者的には、手抜き顔の茜が「絶好調~♪」とガムザッティを踊っても「あーはいはい、よかったね」でございます。来月が待ち遠しい。

★★★
痛みが明日以降マシになってくれればいいけど。出先で、重い物ばかり持つから。

先週楽天ブックスで注文した文庫本2冊、注文時にはどちらも「在庫あり」だったのに、今見たら1冊が「取り寄せ」になっていた。…だったら「分割発送」を選んでいたのに。もう楽天ブックスの中の人は信用しない!
おのぼり物語
おのぼり物語 (バンブー・コミックス)おのぼり物語 (バンブー・コミックス)
(2008/09/17)
カラスヤサトシ

商品詳細を見る
著者名がそのまま題名になっている出世作「カラスヤサトシ」も読まずにこれを先に読む。

漫画家生活に本腰を入れようと大阪から上京したものの、なかなか仕事にありつけず、誰とも話さない一日が続いたりする、という上京当時を綴ったエッセイ風漫画。

閉塞感を綴った切ない前半から、後半、郷里の父親が病に倒れ…それと同時に著者の仕事運が上向いて行く展開。そういう何の関係もない人生の転換が同時に進行する運命の不思議。

地方から都会へ出てきて仕事を始めた経験のある人は、もれなく心の琴線に触れる内容ではないかと思う。

★★★
先月の静岡の地震で、崩れた蔵書で圧死した「43歳女性」がいたが、おそらく腐女子でしょうね。他人に思えない。同い年だし…とと、いつのまにかとっくに44歳になっていた。いつのまにか過ぎていった先月の誕生日。JALとかポイントサイトに祝ってもらいました。
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.