本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
12月31日
午前中ざっと全体の掃除。

午後は郵便局本局での用事などを済ませ、帰宅後、早めに料理作り。
数年前の「今日の料理」に載っていた料理を作ってみる。

去年まで市販のオードブルセットを買っていたが、今年はやめて、みんな手作り。とはいっても煮しめなど「煮るもの系」はみんな義母にやってもらったわけだが。

夕食は蕎麦とともに、それらの料理をつまむ。
こうして今年は終わる。
12月30日
午前中、餅つき。

午後はお節その他の食料買出し。
溢れかえる食材・惣菜に目眩がしそう。
12月28日
最後の晴天かと思われた日のあと、2日続けて晴天だった。母親の通院と、父親の墓参りが済ませられてよかった。

本日は一日雨。
どこへも外出せず仕事。

また風呂用の薪をもらう。きちんと積み上げる余裕がないので、通路に通れる幅を残してぐちゃぐちゃに放り出しておく。

向田邦子の手料理向田邦子の手料理
(1989/05)
向田 和子

商品詳細を見る
久しぶりに手にとって眺める。家にある材料で作れそうなレシピを見つけて、今晩のおかずにする。我ながら美味しくできた。
12月25日
年末にかけてのお天気パターンが去年とまったく同じ。
年末から元旦にかけて寒波到来するようだ。

去年の25日も、「今年最後の晴天らしい」ということで、家の外まわりの掃除をしていた。今年も同じく晴天で、同じように掃除。

12月24日
朝イチで名古屋から客。コーヒーを出す。夫婦で来るという話だったのに、ダンナだけがトラックに乗ってやってきた。「トラックは振動がちょっと…新婚なんで、腹にさわりがあっては、と思って」

あー、そうですかーあははは…、という会話になったが、あとでその会話を脳内で反芻すると微妙な気分になる。

気をとりなおして、家の年賀状の表書き印刷。
マーキングして一気にプリントアウトできるはずが、途中、謎のエラーが起こって、すでにプリント済みのものが突然印刷される。2回、そのエラーが起こり、エラーの規則性もわからない。仕方がないので、地道に「現カード印刷」を選択して一枚ずつ印刷を進めた。

てなことで午前中が終わってしまったので、午後からやっと自分の仕事。
12月23日
自分の年賀状は昨日しあげ、今日投函。

家の年賀状はこれから。プリントアウトしたものを事務所にあるコピー機でコピー。ちっとも美しくない仕上がりだ。プリンタのカラーインクを使ってまでプリントしようと誰も思わないので、例年これ。

スポーツショップ「ヒマラヤ」に初めて行く。
トレッキングシューズを夫が買ってくれる。うわ、マジで十数年ぶりのプレゼント。これを履いて登山しまくって身体を鍛え上げろ、という意図らしい。帰宅後、さっそく履いて裏山登山。
ヒストリー・オブ・バイオレンス
ヒストリー・オブ・バイオレンス [DVD]ヒストリー・オブ・バイオレンス [DVD]
(2006/09/08)
ヴィゴ・モーテンセン、エド・ハリス 他

商品詳細を見る
クローネンバーグの映画を久しぶりに観る。最後に観たのがバロウズ原作「裸のランチ」だったから15年以上のご無沙汰。

あいかわらず音楽はハワード・ショアが担当、ジワァーとした曲調がずーっと続くBGMに「ああ、これこれこれ」と懐かしい。主演はヴィゴ・モーテンセン、これも「ああ、相変わらず、自分にどこか似た俳優を主演に起用だ」と懐かしい。

ダイナーを経営する主人公トムは、良き夫・良き父親でもある平凡な一市民。偶然店を襲った強盗を実に手際良く射殺してしまい、一躍ヒーローとしてマスコミに大々的に報道される。そんなある日、片目の不気味な男がトムの前に現れ、彼を「ジョーイ」と呼び、執拗につけまわすようになる。その男によって、トムの隠された過去が暴かれていく…。

主演のヴィゴ・モーテンセン、彼と対峙するエド・ハリス、どっちもヤクザ顔。怖い顔対決。

監督のインタビューによると、この主人公は現代のアメリカを象徴しているのだそうで。正義をうたい、良き市民の顔をしているけれど、裏では残虐な暴力をふるっている。アカデミー賞最有力候補と目されながら受賞できなかったのは、「アメリカ人にはこういうメタファーは理解できないんだよ」。

自分的に衝撃だったのは、終盤にトムの兄役で登場するウィリアム・ハート。この人を観るのも十数年ぶりなのだが、あらあら、すっかりハゲおやじになっちゃって…。

★★★
健康のために連日裏山登りをしているが、だんだんもっと何か得るものがないかと欲が出てきて、風呂の焚き付け用に小枝を拾って帰ることにした。これがホントの山にしばかりに。
IEエラー
Windows Update後、IE強制終了のエラーが出るようになった。トップページをMSNから別のところに変更したら大丈夫。

更新プログラムのせいらしい。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3592334.html
ここを参考にして、インターネットオプション設定での変更するだけにしておいた。

2chに
「これはMSの策略
IE6だと不具合がでるよっていう外人特有の嫌がらせ
IE7にどうやっても移行させたいらしい」

とあって笑ったけど、MSならやりかねん。
嫁のメシがまずい
ゲーム・ムービーや洋画の字幕をぜんぜん違うのに変えてしまう、こういう遊びは好き。

これがオリジナルの「ACE COMBAT ZERO OP」


「嫁のメシがまずい」 ACE COMBAT ZERO OP


ほかにも「父親たちの幼稚園(運動会版)」さらにその「後日談」とかある。

★★★
大根が山のようにあるので、連日大根料理。
「今日も新メニューだぜ!」とか言いながら出してる。
ダ・ヴィンチ 2008年 01月号 [雑誌]
ダ・ヴィンチ 2008年 01月号 [雑誌] ダ・ヴィンチ 2008年 01月号 [雑誌]
(2007/12/06)
メディアファクトリー

この商品の詳細を見る
この、本のベストテンとか、ランキングとかいう記事ほど自分にとって無意味なものはない。

★★★
大根が山ほどあるので、毎日大根料理。
12月7日
連日病院へ通っているが、この病院は駐車場代を最低でも100円とられてしまうところ。もったいないので、少し離れた本屋の駐車場に停めて歩いている。

駐車場代は浮くわ、ウォーキング(…といっても1キロ程度)はできるは、一石二鳥。

今日なんざ、5階の病室までエレベーターを使わず階段を駆け上ってやったわ。どんなもんだい。ぜーぜー。
椿三十郎
椿三十郎<普及版> 椿三十郎<普及版>
三船敏郎;仲代達矢;加山雄三;団令子;志村喬;田中邦衛 (2007/11/09)
東宝

この商品の詳細を見る
織田裕二主演でリメイクされたのを知って、オリジナルをまだ観ていなかったので観る。

三船三十郎を観たあと、織田三十郎に「手前達のやる事ァ、危なくて見ちゃいられねぇ」って言われてもねぇ。うーーーん。オマエモナー、っつーか。

「愛ルケ」なんぞにも出演して、仕事を選ばない感のあるトヨエツだが、今回はニヒルな敵役なんでちょっと期待。

ラストの有名な血ドバー!は、今回カラーでそのままやるんでしょうね。きっと。


★★★
ポイントサイト「ちょびリッチ」でも二日目にしてビンゴになる。1000ポイント(500円)をゲット。今週はビンゴの神がついていた、というわけか。
初めてのビンコ
ビンゴ


2年間くらい毎週欠かさず挑戦していたのが、ついに…。
記念にキャプチャしたが、画像処理の仕方がよくわからん。

★★★
自治会の料理教室。
出来上がったのを食べて、また胸焼け。
12月1日
自治会の忘年会。
胸焼け。
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.