本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
神罰(カール・フォン リンネ)
神罰 神罰
カール・フォン リンネ (1995/04)
法政大学出版局

この商品の詳細を見る
(田中圭一じゃなくて)博物学者のリンネが綴った因果応報の実例集。出版するつもりで書かれたのではなく、ただ一人の息子のためにだけ宛てて、人生の戒めとさせたものらしい。リンネと同時代の人々の悪行とその結末が、メモ書きのような簡潔な文体でたんたんと綴られている。

「N・N夫人がひとりの女中を雇っていた。女中に磁器製の皿を階上に運ぶように命じた。女中は階段で転んで皿を真っ二つに割ってしまう。夫人は逆上し、女中をさんざん殴打したあげく、給料を取り上げて新しい皿を買う。その日の夕方、同じ階段を下りようとした夫人が、つまずいて足を折る。」

「作男が同時にふたりの女中を孕ませる。そのうちひとりは公民権のない娼婦になる。もうひとりは生まれた子どもをひそかに殺害する。作男は後者を妻にめとる。ある日、その女が醸造中にめまいを起こし、煮えたぎった醸造釜に落ちて死ぬ。前者は結婚してうまくいっている。」

「侍医Hが報酬をたっぷりもらって、ある貴族から、妊娠した侍女の件で相談を受ける。侍医は堕胎の薬を処方する。堕胎は成功。その貴族が侍医に、心のやさしい女性を世話する。それが侍女と偽って堕胎をした女性だった。狐と狸の化かしあいは、かくのごとし。」


こういった感じで百数十篇。
法政大学出版局・叢書ウニベルシタス、格調高く、値段も高い(Amazonマケプレで購入したけど)ハードカバー本。博物学者の書いた、ローカルなゴシップ集というか、トリビア集というか、親心による訓戒集。

寝る前にちょっとずつ読むのにちょうどいい本。

★★★
「燃えないゴミ」を3袋出す。しかし何にも変わらない部屋。
トニーたけざきのガンダム漫画 1
トニーたけざきのガンダム漫画 トニーたけざきのガンダム漫画
トニーたけざき、矢立 肇 他 (2004/03)
角川書店

この商品の詳細を見る
購入しておいて、「今日のやることリスト(Things To Do Today)」をこなしたあとに読も、と、馬の鼻面ニンジンとしておいておいたのだが、イザ読んでみると2巻にくらべて面白くなかった…。2巻はやはりあのガンプラのパワーがあったからか。

★★★
毎年付き合わされていた催しだが、自分にはどーでもいい催し。よって今年はもうカンベンさせてもらって、夫一人で行かせる。あー、くつろぐ。
トニーたけざきのガンダム漫画 2
トニーたけざきのガンダム漫画 2 (2) トニーたけざきのガンダム漫画 2 (2)
トニーたけざき、矢立 肇 他 (2007/04/26)
角川書店

この商品の詳細を見る
1巻と2巻だけでは送料無料にならないので保留していたところ、2巻をブックオフのプロパーで見つけて買ってしまった。話が続いているわけではないので困らないけど1巻未読。

ガンプラ+ジオラマ+画像処理による漫画をオールカラーで収録。なんちゅー手間ヒマかけた内容!なんだか、いにしえのフィルムコミックを読むような既視感をおぼえた。「ボール」の各「●●専用タイプ」のスペックに腹がよじれる。

それと、言われてみればブライトさんは左舷がかなり大事だったみたいだ。

★★★
送料無料にするための注文の組み合わせにまた悩む。

となりの奥さん経由で、コンビニの消費期限リミットおむすびを10数個もらう。
夕飯は、おむすびをオカズにご飯を食す。逆・低インシュリンダイエット。
メディア・バイアス
メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学 メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学
松永 和紀 (2007/04/17)
光文社

この商品の詳細を見る
いままで危険性が警告されていた食品添加物、農薬、遺伝子組み換え食品、などの報道がいかに偏っているか、実際の食品業界はどうなのか、などなど。情報発信側として、センセーショナルな表現に安易に陥らず、真に公正で科学的な記事を書くことがなぜ難しいのか、著者自身の「科学ライター」という立場・経験からも書かれている。最近話題のバイオエタノールの問題点にも言及。

「無添加」「自然に優しい」「昔は良かった」的なモノに無条件に好感情を持ってしまうヒトには、いろいろ耳に痛いことが書かれている。自分も目からウロコなことがいろいろ。…が、こういう本が必要な人ほど読まないんだろうな。

★★★
昨日、外したエアコンを4階から持って降りただけで上腕部筋肉痛。だってぇ、マウスより重いものを持たない暮らしだし~、などと言ってみたりして。

去年、車をステーションワゴンに買い換えたおかげで、いろいろ詰め込めて役立つ。エアコンのほかに、昔LPレコードを収納していた棚も持って帰る。

エアコンを自分で外したり、いらなくなった重いものを運びおろしたり、カラダを使って働いてくれる夫に深く感謝。…感謝しつつも、「風呂のカマドの煙が抜けないから屋根に上って煙突調べてよ~」とさらにコキ使う妻。
アンダルシアの犬
実家のある市へ行き、仕入れ。
そのあと荷造り少々。

スーパーから持って帰ったダンボールに本を詰める。本棚の奥から「小説 機動戦士ガンダム」朝日ソノラマ版全3巻が出てきた。

こ こ に あ っ た か !

さらに、実家に置きっぱなしだった(まだあったのだ)自分のビデオテープを全部持って帰る。当時タイ米、じゃなくて大枚はたいたのが口惜しい高価なビデオソフトとか~。(←しつこい)

アンダルシアの犬 アンダルシアの犬
シモーヌ・マルイユ (2002/09/25)
アイ・ヴィー・シー

この商品の詳細を見る


これ、18年くらい前に、会社帰りにローソンで購入した映画。「ローソンで『アンダルシアの犬』」というシチュエーションに驚いて買ってしまった。ダリ絵画に登場するモチーフが、悪夢のように脈絡なく映像化されているシュールな作品。冒頭の有名なシーンからうなされることうけあい。

というか、こんなものを会社帰りに買って、一人暮らしの部屋で鑑賞していた過去のオノレに優しい言葉をかけてやりたい。
家日和
家日和 家日和
奥田 英朗 (2007/04)
集英社

この商品の詳細を見る
ほのぼのユーモア家庭小説集。

夫婦関係にすこしズレがきたけど、なんとなく軌道修正…。という感じののんびりした結末のお話ばかり。とくに事件も起こらずドラマチックでもない夫婦・家族関係が描かれ、どれも温かい気持ちにさせられる。

最後に収録されている「妻と玄米御飯」が一番面白い。「ロハス」にハマる妻に、その良さは認めつつもだんだん苦々しい気持ちにさせられる小説家の夫、という設定に作者の怨念?を感じたりして。昨今の「天然生活」「ku:nel」雑誌系のノリに食傷気味のヒトには大ウケのお話かも。

ロハスに目覚め、御飯は玄米、菜食中心のメニュー、エコ洗剤を使い、ヨガに夫を誘う妻。相談もなくこどもを私立に進学させようとする妻に対して、「ロハスなら歩いて行ける公立だろう。矛盾してないか?」と声には出さずイラつくシーンが笑えた。

★★★
風呂の水漏れまた悪化。
再婚一直線!寿篇
再婚一直線! 寿編 再婚一直線! 寿編
安彦 麻理絵 (2006/10/25)
祥伝社

この商品の詳細を見る
修行のかいあってか、このシリーズ連載中、見事再婚した著者。

結婚式の朝、窓を開け空を見上げ、

「今日は私の結婚式!……(二度目)」

というようなシーンなど、事実ながら隅々まで笑える。

友人たちに祝福され、披露宴で華々しく連載のフィナーレ。読んでいても「オメデトー!」と言いたくなる楽しい披露宴。いや、腹がよじれる披露宴。新婦から未婚の友人への花束贈呈と新郎からはチャンピオンベルトの贈呈って。「コレを手に入れた女は必ず結婚できる!」といういわくつきの代々受けつがれるチャンピオンベルトになるか!?

関係ないけど、安彦麻理絵、本屋で作者五十音順の「や」のところに並んでいるときがある。まぁ「安彦良和」というヒトもいるけどな。さらに関係ないけど「新田真子」が正しく「し」のところに並んでいると「ここの店員は濃ゆい…」とも思う。

★★★
実家へ夫と一緒に。
パラボラアンテナを取り外す。さらに10数年おきっぱなしだった自分の雑誌などが入ったダンボールを数箱回収。車に積んで帰る。
再婚一直線!
再婚一直線! 再婚一直線!
安彦 麻理絵 (2005/12/05)
祥伝社

この商品の詳細を見る
女性のモノカキで離婚経験が無い人はいないんじゃないかと思うくらい「離婚ネタ」は多々読んだが、これは次のステージというか、再婚目指してオンナを磨こう!というエッセイコミック。

三十路後半のバツイチ子持ち(ただし子は元ダンナが引き取っている)の著者が、担当編集者とともに花嫁修業に励むのだが、料理や編み物、お菓子作りなどから、メイク、ベリーダンス、ウォーキング、占い、果てはオークションで競り落とした古着ウェディングドレスで友人たちと披露宴コスプレ、とバラエティ。まついなつき、西原理恵子など、いろんな意味での人生のセンパイたちも登場。

面白おかしく女の業が赤裸々に描かれ、大変面白いが、著者の離婚の理由は(他の本でも読んだけど)どーしてもよくわからない。

★★★
地元ケーブルTVの懸賞で当たったお食事券でランチ・バイキング。無料は一人分だけなので、夫は実費。

ひさしぶりのバイキング、料理もバラエティに富み、美味しかったので、貧乏性全開で詰め込んでしまった。このあとホームセンターへ買い物に行くはずだったが、「食べ過ぎて苦しいから帰る」と言う夫。トシをとって、アタマの食事量の計算とカラダの消化能力がズレているのに自覚がおっついてない。
ダ・ヴィンチ 2007年 06月号 [雑誌]
ダ・ヴィンチ 2007年 06月号 [雑誌] ダ・ヴィンチ 2007年 06月号 [雑誌]
(2007/05/07)
メディアファクトリー

この商品の詳細を見る
特集は「都市伝説」。最近ブーム再燃らしい。

山岸マンガは、バレエ「ジゼル」タイトルロールの恋愛の破局と、主人公自身の恋愛の破局をリンクさせるという、いままでのバレエ漫画で何度も描かれた展開。しかしこの漫画のヒロインは40代の中年女。10代の実の娘に想い人をかっさらわれ、ショックで大事なバレエの舞台にも集中できない。この救いの無い状況から結末がどう描かれるかが楽しみ。

★★★
連休をはさんだので、二週間ぶりに西へ。
5月7日
また新たに物件が候補に加わり、いよいよわけがわからなくなる。
5月5日
朝3時半起床。

岩国へ。
ハリアー、ホーネット戦闘機のデモンストレーションなど見る。曇り空だったためこのような現象を見ることができた。

すばやく帰るために、ブルーインパルス飛行が始まる前にとっとと基地をあとにする。あとでニュースをチェックしたら27万人の人出だったらしい。
5月3日
ワーキングプアの連休の過ごし方=家で仕事・昼寝。

昼寝から目覚めると家に誰もいない。
裏の土地で義父母と甥が畑をつくって苗を植えていた。

自治会からの伝達事項がまわってきて、「熊に注意」だと。

    |┃三     ∩___∩
    |┃      | ノ      ヽ
    |┃ ≡   /  ●   ● |  <話は聞かせてもらったクマー!
____.|ミ\___|    ( _●_)  ミ
    |┃=___    |∪|   \
    |┃ ≡   )   ヽノ   人 \ ガラッ
反日マンガの世界
反日マンガの世界―イデオロギーまみれの怪しい漫画にご用心! 反日マンガの世界―イデオロギーまみれの怪しい漫画にご用心!
(2007/03)
晋遊舎

この商品の詳細を見る
表紙の印象ほどおちゃらけてもいず、偏ってもいない。

ラーメン屋や喫茶店に必ず置いてある国民的グルメマンガ「美味しんぼ」が、かなり偏った反日イデオロギーに満ちた描写満載の作品であることは、ラーメンかっこみながらもちょっと意識しておいたほうがよいかも。ずずー。

箸休め的にはさまっている、反日グルメマンガ「売国(うり)しんぼ」だの「野望の雁屋」は、元ネタを知っているとかなりオモロイ。

「嫌韓流」に対抗して韓国で発行された「嫌日流」も紹介してある。

サイコーなのが、「韓国の誇るべき点を列挙した感動のラストシーン」で、「IQが世界でもっとも高い国」「大学進学率が世界最高の国」というのは自慢してもいいことだろうが、

「アメリカも無視できない日本に意見を言える世界唯一の国」

という意味不明の自慢もあるのがさすが期待を裏切らない。

★★★
通常の仕入れと買い物、仕入れ処理の一日。

いままでこれほどたくさんの物件を見たことがあったであろうか、いや、ない(反語)。

だいぶ混乱してきて眉間がコイル巻き(マルC 大島弓子)。
きょうの猫村さん 2
きょうの猫村さん 2 きょうの猫村さん 2
ほし よりこ (2006/05/31)
マガジンハウス

この商品の詳細を見る
やっと2巻目を350円で見つけたので購入。

猫の家政婦というシュールな設定、でもストーリーは和み系。

猫村さんの丁寧語・敬語のセリフ廻しがとってもイイですわよ~。

★★★
家の五右衛門風呂が水漏れ。排水口の奥という目が届かない箇所なので修理できない。大工さんに相談し、削った木切れにさらに布を巻いて栓にしてしのぐことにする。

…って、こんな処置であと何年保つんだぁぁぁあ!
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.