本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
伝説巨神イデオン 総音楽集
「アオイホノオ」のおかげで、80年代の記憶へしょっちゅう旅立つ。

伝説巨神イデオン 総音楽集伝説巨神イデオン 総音楽集
(2009/08/26)
アニメ主題歌、たいらいさお 他

商品詳細を見る

こんなオトクなCDが発売されていたのも知らなんだ…。楽天ポイントがなるべく有利な店をさがして購入。アナログレコードを録音したカセットテープがこれで捨てられる。

何年ぶりに聴いただろう。ハネケンこと、今は亡き羽田健太郎氏のピアノにあらためてシビレた。

マドンナのマイケル追悼パフォーマンス
ここの↓
http://www.tbsradio.jp/kirakira/2009/07/200978-2.html
前半で紹介される、マイケルとマドンナと日本人ダンサーとのエピソードを聴いてから、

マドンナのオフィシャルサイト
トップで公開されている7月4日マイケル追悼パフォーマンス動画を観ると、感動もひとしお。
Smells Like Teen SpiritとSmells Like Nirvana


ニルヴァーナの名曲「Smells Like Teen Spirit」なんだけど、↑このPVをよ~く観てから
↓こっちを観ると大笑い。
http://www.youtube.com/watch?v=mxh5v5MpEB8

映像のキメこまかなおちょくりもさることながら、同じメロディで、I don't know what I'm saying(何を言っているのか自分でもわかんねぇ)と、難解な元歌の歌詞やカートの不明瞭な唄い方を徹底的にパロっている。

マイケルのBeat ItをパロったEat Itも傑作だけど、こっちも抱腹絶倒。
R.I.P
音楽のみならず映像からも強烈なイメージが刷り込まれているだけに、なおさら…。

Michael Jackson-In the closet

ナオミ・キャンベルがシコふんでます。

「Beat It」が大ヒットしていたとき(MTVを放映する番組がベスト・ヒットUSAしかなかった時代)、MTV録画を(洋楽をまったく知らない)級友たちに観せたら、
「あ、トシちゃんだ、トシちゃんの踊りそっくり」

逆、逆!田原俊彦がマイケルの大ファンで踊りをコピーしてるの!
並べてみた
↓「紳士は金髪がお好き」より“Diamonds are A girl's best Freiend”。このシーン、マリリン・モンローでもなく、バックダンサーのジョージ・チャキリスでもなく、燭台を掲げてバンザイしたままのおねえちゃんたちが気になって仕方が無い。


↓このシーンをオマージュしたマドンナの“Material Girl”。キース・キャラダインも出演。


↓で、レベッカの“ラヴ・イズ・キャッシュ”。メロディ、アレンジ、歌のテーマなど、カヴァー曲と言っていいほどの豪快なパクリ。「和製マドンナ」と呼ばれていた過去は、Nokkoもきっと忘れてほしいだろう。


★★★
夫が免許更新へ行くというので、心ゆくまで昼寝をしていたら、すぐ戻ってきた。土曜日は免許センターは休日。ハガキをよく読みましょう。
12月9日
ライヴへ。6時半開始で、3時間の長丁場。3時間のプログラムということはあらかじめ知っていたので、トイレ対策を講じておく。

さすがに年齢層が高く、あちこちに地肌の見える頭が。御大自身もずーっとニット帽をかぶりっぱなし。
Don Giovanni ドン・ジョヴァンニ
こんどは、前回書いた「魔笛」で素敵なパパゲーノを演じていたSimon Keenlyside(サイモン・キーンリーサイド)の映像をあさる。

「ドン・ジョヴァンニ」のクライマックス↓。レポレルロ役の人も熱演だ。


この場面は映画「アマデウス」でもカッコよかった。↓


この演出も好き。最後にバケモノがわらわら出てくるのがたまらん。↓


リンクから、この場面のいろいろな演出を観まくってしまった。きりが無い。

★★★
最近はずっと外出を控え、部屋を整理整頓している。所有物が、記憶容量をはるかに超えてしまった。てか、記憶能力が減退しているだけか。
Die Zauberflote 魔笛
Die Zauberflote (Dol)Die Zauberflote (Dol)
(2003/09/23)
MozartKeenlyside

商品詳細を見る
「魔笛」夜の女王のアリアが聴きたくなって探していたら、こんな素晴らしい映像が(歌が始まるのは2分ぐらい経ってから)。



ディアナ・ダムラウ、声も美貌も衣装も何もかも素敵…。

ところで、ニコニコ動画にも同じ映像が上がっていてそっちも観たら、「うしろww信長wwww」のコメントがあって大笑い。確かに背後の侍女たち、女装したおっさんにしか見えない。



★★★
今年もインフルエンザの予防接種を受ける。

待合室が満員だったので、先に買い物とか済ませて帰りにまた寄る。それでも受付してから帰宅するまで一時間半。これで午前中が終了。
ベートーヴェン:交響曲第7番
ベートーヴェン:交響曲第7番ベートーヴェン:交響曲第7番
(1994/08/25)
小澤征爾

商品詳細を見る
映画「愛と哀しみのボレロ」の中盤でジョルジュ・ドンが踊っていた曲はこの交響曲の第4楽章。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1544636

高校生の時、仲良くしていた音楽の先生からカセットテープに録音してもらって、何度も聴いていた。それから何年も経ってから、同じ音源を廉価版CDで見つけて購入。それまで色んな指揮者のCDをさまよっていた。この小澤&サイトウキネンもそのうちの一枚。

世間的には「のだめ」ドラマの曲として第1楽章が使われたのがメジャーらしいが、自分にとっては第4楽章は上記、そして第2楽章は↓このわけわからんSF映画での曲。

未来惑星ザルドス未来惑星ザルドス
(2008/01/18)
ショーン・コネリー、シャーロット・ランプリング 他

商品詳細を見る
う~ん、どうしてジャケ写真があの“空飛ぶ巨大な首”じゃないんだろう。「映画秘宝」で「口からワリバシみたいなのを(本当は武器)吐き出す」とあって、当時のチャチい特撮を思い出して笑った。

★★★
週刊文春を買う。買うたびに辛いんだけど、止めるのもなんだかなー。
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.