本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
全自動洗濯機で日々ブルー
二槽式洗濯機をずっと愛用してきて、毛布が洗えない以外は特に不満がなかったのだが、急に壊れてしまった。迷ったけど、店舗に在庫が無い大容量の二槽式を取り寄せるまで数日も洗濯機無しで待てるはずもなく(年末だったのですぐ手配は無理だと思った)、仕方なく全自動に買い換えた。

洗浄力や脱水力が弱いのは知っていたけど、あらためてやっぱりそうか…とガッカリ。

不満な点は山ほど。
洗浄力弱い、脱水力弱い、仕方ないのでそれぞれの指定時間を最大に設定すると、ただでさえ長い洗濯時間がさらに長くなる(二層式の倍以上)。すすぎ以降の過程はロックを解除しないと中をのぞいて確かめられない。よって状況を見ながらの各種微調整ができない。洗濯槽の清掃が定期的に必要、値段高い、などなど。

かろうじてマシな点。
つきっきりの必要が無い。動作音が静か(だから洗浄・脱水力も弱いんだけど)。毛布が洗える(まだ洗ってないけど)。

全自動しか知らない人にはわからないであろう、二槽式の素晴らしさを再認識。よくCMで「部屋干しの嫌~な臭い!」ってのを聞くが、二槽式で今まで部屋干しで臭ったことなんてないよ!全自動では皮脂汚れを落とし切れないせいだと思う。んでキツい香りの柔軟剤で誤魔化す必要があるんじゃないのか(ウチは柔軟剤使わない)。

はー、慣れるしかないか、と思う日々。

ところで、構造が単純で長持ちするのも利点の一つだったはずの二槽式。壊れたところは排水するために栓を引っ張りあげる内部のワイヤー(?)が切れたこと。4年間使って駆動と関係ない部品破損って…。わかっていても素人じゃ治せない。取り寄せ同様、修理期間中洗濯機無しで待てないし。毎日必要不可欠の家電って、車みたいに修理中の代替品制度があればいいのに。冷蔵庫とか真夏に壊れたら悲惨だろうな。
12月25日
納税終わった…。
事業税やらなんやら合わせた額よりも、消費税の額が一番大きい。年末調整もそうだけど、納税のための税務署のお手伝いに、こんなに会社に手間かけさせやがって…といつも思う。

終了後、やっぱり頭痛発生。

これからまだまだいろいろ書類を作成しなくては。平成27年度の申告書には、まだマイナンバー記載が必要無いのに、記入する欄がすでに印刷されていて紛らわしい(記入例で「記載は必要ありません」と注意書きがしてある)。来年春の確定申告でも混乱させられる人がいっぱい出るだろうなぁ。
手根管症候群
毎年一番忙しい月。

工場仕事が増大し、合間に事務仕事をなるたけ前倒ししながらこなしている。
賞与計算ももうすませたが、小数点以下の数字がある乗算を間違えやすくて、今になって夏季賞与の時の間違いを見つけてしまった。年内に訂正すれば済むから、まだしもマシだが。

手指の痺れがだんだんひんぱんになってきて、調べるとどうやら「手根管症候群」らしい。
来年に時間ができたら整形外科へ行こうと思う。とりあえずかかりつけの内科でビタミンB12を処方してもらった。
車のパンク
パンク初体験。ボルトみたいなのがタイヤに刺さったまま気がつかずに2~3日走っていた。違和感はあったのだが、泥でもこびり付いているのかと思っていた。走行中に抜けなくて幸い…。

スペアタイヤが役に立った。すぐ修理してもらって元に戻す。
除湿乾燥機使った
待ちに待ったジトジト雨降り。タンクに水がたまるのを見て喜ぶ。もっと早く買えばよかった…。

室内で洗濯物が乾く幸せに包まれながら昼寝をしたら、のどがちょっとカサカサになった。
除湿乾燥機
部屋干しすると湿気が気になっていたが、気になりつつも10数年そのまま。本棚は当然、前後二段に詰めているもんだから、奥の列の本が湿気で劣化がひどい。洋服タンスの一番下の段の衣類も湿気がこもっている。

いまさら遅いが除湿機の購入をやっと決意。購入前の下調べで疲れ果てた。新しいモノを買う知力・体力が年々衰えている。

家電量販店もチェックしたのち、通販で買った。

無事届いたが、本日快晴で、天気予報によると出番は明後日になる予定。あー、早く使いたい。
役員終わり
監査も引き継ぎ会も無事おわり、過去のファイルを参照しまくって作成した帳簿類ともお別れ。今月末の会合での決算発表でしめくくり。あとは去年の自分たちがそうだったように、引き継いだ次の人から質問が来るだろうからその応対。無事つとめ終えて安堵。
自治会役員がそろそろ終わる
来月始めに監査を受けて、決算書類を仕上げたら終わり。
大変だったが、いろいろなことがわかった一年だった。

次の役員決めも終わったが、なんだかんだ裏でごちゃごちゃと…。5年後くらいにまた役員がまわってくるので、それを思うと憂鬱だが、仕方がない…というあきらめも。

面倒な役回りを引き受けざるを得ない人と、うまく逃げ切る人と、最初から「コイツには到底任せられんわ」と周囲が思う人、世間には三種類の人間がいるというのが現実。

「自分は汗をかかず、人にやらせるくせに立派な意見だけ垂れる人」を華麗にスルーする力をこれから鍛えたい。
12月18日
抗生剤が効いたのかどうかわからないが、結局一晩で熱が上がりきってそのまま下がった。気管支拡張の薬ももらったので、咳もようやく終わったかな…。アバラの痛みはまだ続くが。

決算も終了。納税も済んだ。消費税納税額も、予想していたとはいえ、厳しい。来期も8%のままとはいえ、今度は一年まるまる8%になるから、今期よりアップするのね…。

次は年末調整。
また風邪
3週間経ってアバラの痛み以外は治ったと思ったら、また風邪の兆候を感じる咳・微熱。治りきってなかったの?うつした夫からの再感染?

ともかくあのひどい咳をもう一度やりなおすなんて、こんどこそアバラ骨折だ、と思って医者へ。念のためにレントゲンと血液検査をしてみたら、やっぱ細菌感染していた。いわゆる二次感染。あんだけこじらしていたわけだし、そうだろうな…と思ったわ。抗生物質を処方してもらう。

子どもの頃は風邪をひくと、抗生剤が当たり前に処方されていた。確かに濫用はいけない薬だが、おかげでこじらせることもあまりなかったかもしれない。

こんなにしつこい風邪、このクソ忙しい時期だから余計アセる。

義母の具合もあいかわらず良くない。日赤で徹底検査してもらったが、「この程度の微熱は病的とはいえない」「胸焼けをおこす病変は見つからない」結果で、現時点で考えられる可能性は、最近新たに処方された骨粗しょう症の薬・リカルボンの副作用に「胃腸障害」があることぐらい。この薬をストップしてしばらく様子見するしかない、となった。月イチに服用する薬なので、今月の分はもう服用してしまった。この薬が胸焼けの原因だとしたら、あと一ヶ月以上待つことに。

家内中、どんよりですわ。
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.