本に包囲された日々
部屋は本まみれ。家業の経理をこなしつつ、本を読む。
フードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠(マイケル・モス)


New York Times記者の著者が、米国の巨大加工食品会社の関係者に取材。

原書題は「塩、砂糖、脂肪」。
この三つを健康に影響が出るほどブチこむことで、いわゆるジャンクフードは「ヘビーユーザー」を捕らえて離さない魅惑の食べ物となる。砂糖には「至福ポイント」というものがあり、絶妙に計算されて添加されている。脂肪にはその至福ポイントすらなく、「あるとしたら成層圏だ」とか。添加すればするほど美味しくなる。塩も食欲に火を点ける。

取材対象者のなかには、自社の製品の健康被害を懸念して、ヘルシーな製品を開発・販売しようと努力した人たちがいる。しかし砂糖・脂肪・塩を控えた加工食品は、結局「不味い」(そもそも美味しさを追求して開発されていたわけだし)。しかも価格が上がる。よって売れない。不健康なライバル社の製品に負ける。会社としては、株価が下がるような製品を作り続けるわけにはいかない。

会社の要職にあるような取材対象者は、自社の製品を全然口にせず、健康的な食生活・運動習慣を続けている。安価で不健康な加工食品は、マーケティングにのせられ食欲のおもむくまま、お金も時間も知識も無い階層が買うのだ。

結局、貧乏&格差が悪いんだ、という感じだが、この書では「最終的な選択権はわれわれの手にある。何を買うか、どれだけ食べるかを決めるのも私たち」…となっている。
きのう何食べた?13巻(よしながふみ)


シロさんもケンジも50代になったのか…。二人の仲は落ち着いているけど、ケンジが勤める美容院の店長夫妻のカウントダウンが始まったー!別店舗を構え、着々と離婚準備を進める奥さんと、ぜんぜん気が付かない浮気症の夫。スリリングな職場だ。主人公の周囲の人たちのあれこれ進展があって面白い。レシピはあいかわらず実用的。青菜の根元はざっくり切ります自分は。
戦争がつくった現代の食卓 軍と加工食品の知られざる関係


戦時中に必要にかられて発明され、そのまま日常生活に定着しているモノはたくさんあるが、食の世界もまたしかり。古くはナポレオンが公募した戦闘糧食で「缶詰」が発明されたように、20世紀の軍隊用食料のための食料・製法・保存・梱包の技術がいかに開発されていったか、その技術が民間へ敷衍していったか。

効率よく、長期保存がきいて、お手軽…。かつ見た目や美味しさを可能な限り維持。研究者の努力は大変なもの。
著者のフードライターは料理が得意な手作り派だったのだが、この本の執筆後はそういう加工食品で食卓を簡単に済ませることにあまり罪悪感を感じなくなったとか。
ゴールデンカムイ 11 (野田サトル)


え?アニメ化?あの変態続々登場とか、ヒグマにはたかれて顔面べろ~ん剥けとかのゴア描写もアニメ化されるの???

今巻、スナイパー尾形の生い立ちがわかり、過去巻での彼の言動を読み返すと、いろいろ腑に落ちることがあったり。何度も読み返すことができるマンガ。
しかし今巻登場の変態は動物とウコチャヌプコロ…嫌だなぁ。
コウノドリ(鈴ノ木 ユウ)


産婦人科を舞台としたヒット作。現行18巻まで揃えていたんだけど、このたびまとめて処分。最近やたらと新作コミックスに手を出してて、取捨選択せざるを得なくなってしまった。とってもいい作品なんだけど、刊行ペース早いし、当分終わりそうにないし、ストーリーの展開が気になるという内容じゃないし。ごめん!さようなら!!
ポーの一族 ~春の夢~(萩尾望都)


40年ぶりのシリーズ新作。雑誌掲載時から読んでいたけど、コミックスでまとめて読むとまた感慨深いものがある。

単なる余韻にひたるエピソード的なものではなく、ストーリーの根幹にかかわる「一族の謎」展開もあって、今後その謎をさらに解き明かしてくれるのか、またもや作者と読者の寿命比べとなるのか…。うれしいやら不安やら。

「バルバラ異界」もそうだったけど、戦慄のノンフィクション「眠れない一族」の影響が本作にもあった。
ある奴隷少女に起こった出来事(ハリエット・アン・ジェイコブズ)

1813年生まれのアメリカに実在した無名黒人女性の手による自叙伝。あまりにも素晴らしい内容のため、白人著者による創作小説とみなされて長らく忘れられていたが、彼女の直筆の手紙が研究者の目にとまり、出版から126年もたって「奴隷黒人女性が書いたノンフィクション」として再発見され、あまたの古典小説と並んで今世紀のベストセラーとなっている。

…文庫化されてやっと読んだー。
文字通リ、読みだしたら止まらなくなってイッキ読み。

優しい女主人のもとで穏やかな幼年時代を過ごすも、女主人の死後、好色な医師フリントの一家へ売り渡されたことからヒロイン・リンダの苦難が始まる。美しく成長した彼女は医師から性の対象としてつけ狙われ、それと闘い続ける。別の白人男性と子を成すことで自分と子どもを自由黒人にしようと画策したり(結局はかなわなかったが)、7年間も狭い屋根裏に隠れ続けたり、ついに南部を脱出して新天地ニューヨークで働き、子どもたちと再会したり、しかしそこへも医師フリント一家の追跡の手が伸びてきたり…。

「ただ事実を記した」波乱万丈な半生のみならず、彼女の黒人ばかりか白人をも不幸にする奴隷制への洞察も本作に深みを与える。

「奴隷制は、黒人だけではなく、白人にとっても災いなのだ。それは白人の父親を残酷で好色にし、その息子を乱暴でみだらにし、それは娘を汚染し、妻をみじめにする。」

「現代少女のための新しい古典文学」だとする熱い訳者あとがきも読みごたえあり。

「正直、奴隷少女が自分らしく生きるために感じなければならかった心情が、現代の日本の少女にとってかけ離れたものであるとは私には思えない」
日々我人間(桜玉吉)


週刊文春連載の、のんびり日記風コミック。なんとも言えない味わいで毎日少しずつ読んでる。

書店で中身を確認してから買ったが、紙カバー函がえらくキツい造りで、戻すのに苦労した。レジの人も、本体にスリップがあるか確認しようと出したもんだから戻すのに四苦八苦。「いやーわたしもさっき戻すのに大変でしたー」などと会話。
効かない健康食品 危ない自然・天然(松永和紀)


健康食品やトクホのメーカーが宣伝する魅力的な効果。それがいかに根拠が無いか、それどころか健康被害の恐れさえあるのかが、懇切丁寧に説明されている。

この手の本が出るとつい購入。最新情報だし。
王妃たちの最期の日々(上巻)

君主または君主の配偶者たち20人の文字通り「最期の日々」を中心とした評伝集。

アンヌ・ドートリッシュ(ルイ十四世の母)は王の母として絶対的な身分を得ていたものの、乳癌で「砒素を成分とする薬剤を使って病巣を壊死させ、その後に剃刀で一片ずつ組織を切り取」るという恐るべき“治療”を衆人環視の中で施された…とか、身分が高いのがあきらかに災いしている。

カトリーヌ・ド・メディシスの項で、母カトリーヌより先に死ななかった二人の子どものうち、
「美しいマルゴは母親からなおざりにされた」
(臨終時に)「王(アンリ三世)を唯一の相続人に指定したが、娘のマルゴには一言の言及もなければ、何もなかった」

とあるのを読んで、萩尾望都が「王妃マルゴ」を描いている理由の一つがこれかと思った。

下巻も併せて購入。
copyright © 2005 本に包囲された日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.